×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【 バージョンアップが教えない歴史 】

過去の世界へようこそ。

数々の問題や不具合が修正・変更されて、今のヴァナディールがある。
ここはそんなFF11のバージョンアップで消えていった歴史の記録簿である。
当時を知る冒険者達の記憶をたどってみよう。

関連HP :うさだ  ちょっといい話書庫  2ch過去ログ覚え書き

04.8.163 【山串落とした】昔を語るスレ【ジョブチェン空間】  より ← クリックでページの下方にジャンプ

04.1.19 FFXI発売当初の思い出を語るスレ より ← クリックでページの中程にジャンプ

03.8.26 VUが教えない歴史 スレッド より 


− 凡 例 −

■ 第一報告
□ 補足トリビアや感想など


TOPへ戻る


00 Bahamut 2002/05/16 製品版初期サーバー
01 Shiva 2002/05/16 製品版初期サーバー
02 Titan 2002/05/16 製品版初期サーバー
03 Ramuh 2002/05/16 製品版初期サーバー
04 Phoenix 2002/05/16 製品版初期サーバー
05 Carbuncle 2002/05/16 製品版初期サーバー
06 Fenrir 2002/05/16 製品版初期サーバー
07 Sylph 2002/05/16 製品版初期サーバー
08 Valefor 2002/05/16 製品版初期サーバー
09 Alexander 2002/05/16 製品版初期サーバー
10 Leviathan 2002/05/16 製品版初期サーバー
11 Odin 2002/05/16 製品版初期サーバー
12 Ifrit 2002/05/16 製品版初期サーバー
13 Diabolos 2002/05/16 製品版初期サーバー
14 Caitsith 2002/05/16 製品版初期サーバー
15 Quetzalcoatl 2002/05/16 製品版初期サーバー
16 Siren 2002/05/16 製品版初期サーバー
17 Unicorn 2002/05/16 製品版初期サーバー
18 Gilgamesh 2002/05/16 製品版初期サーバー
19 Ragnarok 2002/05/16 製品版初期サーバー

20 Pandemonium 2002/11/06 Win版発売に伴って設置移転無新規ONLY
21 Garuda 2002/11/06 Win版発売に伴って設置移転無新規ONLY
22 Cerberus 2002/11/07 Win版発売に伴って設置移転無新規ONLY
23 Kujata 2002/12/19 2・6・9・13から分割
24 Bismarck 2002/12/19 5・8・15・17から分割

Ixion 2002/12/19 4・7・11・12から分割、2003/01/14にBismarckに統合
Typhon 2002/12/19 3・10・14・18から分割、2003/01/14にKujataに統合
Kirin 2002/12/19 0・1・16・19から分割、2003/01/14にBismarckに統合
25 Seraph 2003/03/13 0・1・2・3・7・8・9・10・13・14・20・22から分割
26 Lakshmi 2003/03/13 4・5・6・11・12・15・16・17・18・19・21から分割
27 Midgardsormr 2003/06/10 製品版初期サーバーから分割
28 Fairy 2003/10/07 全サーバーから分割
29 Asura 2003/12/09 全サーバーから分割
30 Remora 2004/10/07 0・1・2・7・8・9・10・13・17・18・19・21・23・25・29から分割
31 Hades 2004/10/07 3・4・5・6・11・12・14・15・16・20・22・24・26・27・28から分割

Winβ Glasyalabolas 2002/06/18 2002/11/01にWinβテスト終了
北米版β Cactuar 2003/06/12 2003/10/14に北米版βテスト終了
Xbox 360β Hydra 2005/12/10

PS2β Chaos 2001/12/17 2002/04/26にPS2βテスト終了
PS2β Zande 2001/12/17 2002/04/26にPS2βテスト終了
PS2β Golbez 2001/12/17 β中期にZandeに統合
PS2β Xdeath 2001/12/17 β中期にZandeに統合
公開テスト Chocobo REAL VANA'DIELでの公開テストで使用
Atomos Test Server

Ixion 2002/12/19 4・7・11・12から分割、2003/01/14にBismarckに統合
Typhon 2002/12/19 3・10・14・18から分割、2003/01/14にKujataに統合
Kirin 2002/12/19 0・1・16・19から分割、2003/01/14にBismarckに統合


03.8.26  「VUが教えない歴史」 より

■昔はチョコボ騎乗中でもからまれた。
 しかし敵の移動速度よりもチョコボが早いのでエリア切り替え地点までノーダメージで誘導、MPKが可能だったため修正された。

■救援要請があっても方角表示されなかった。
 視界に入っていない限り無事を願うしかできなかった。

■エレマーク表示は無かった。
 天候は自分で状況をみて判断するしかなかった。

■競売は無かった。
 バザーしているPCやshoutで呼びかけ商談するしかなかった。

■ブブリムでゴブが数十匹リンクして、動かないでかたまってた。
□鉱山のエレベーターに乗った亀も集団で固まってた。
 ほっといたらいつまでもPOPしないのでみんなでどきどきしながら一匹釣ったりしてた。
 (うまくいくと一匹だけはがせた。)。
 フルアラ近くの人数でやってたんだけど、あれは面白かったな〜。
 初期のバスを滅亡寸前にまで陥れたあのミッションだったけど、結局あれ以上に面白かったミッションはなかったな。

■昔はモンスがトレインなどで初期位置から移動してもなかなか動かなかった。
□そのためセルビナ・マウラなどの入口ではゴブがたまっている状況が多発。
□街で緊急に討伐隊のアラが組まれたり、高レベルが一人でなぎ払う場面も見られた。
 でも、トレインを知らないで街から出た人が即死したりと理不尽な事故が続出。
 タゲ外れるとすぐに移動するように修正された。

■クフィムの巨人、今の数倍のギルを落としていた。

■開始当初はダンジョン以外の獣人も防具落としました。

■とてとてが存在しなかった。

■ナイトに両手斧・片手斧スキルがあった。

■矢弾スタック12本だった。
□遠隔WSなかった。
□遠隔の命中が今より低かった。
□矢弾の値段がいまの10倍以上だった。
□イーグルアイがナイフ3になった。
□やっと追加されたWSのフレイミングアローを使うと自分にダメージを喰らった。

■ジョブチェンジはモグハウス内でなく異次元でやってた。
 かなりハァハァな場面だったのにな、コンフィグで設定変えれるよう復活汁!
□異次元でハアハアだったけど、ジョブチェンジするたびブラックアウトする危険性がある致命的バグがあったんだよな。
 かなり長いこと直されなかった。

■戦士のHP量が減らされた。
 結果的にHP量がナイト>戦士になったのでついでにナイトも減らされた。

□MP量がナイト、暗黒>赤だったんで赤のクレームでナイトと暗黒のMP量が減らされた。
 後から気まぐれで赤のMP量増やしてみた。

■ゴブ魔導師系がアイススパイク使うようになった。
 と思ったら急に使わなくなった。
 と見せかけてフレイムスパイク使うようになった。

■釣り関係の調整が頻繁に行われた。
 当初魚は全然かからず釣れず竿折れるスキル上がらず、というバランスだった。

■それなら何と言ってもシーフのギルスティールだろ!!。
 当初は獣人がギルを落とすのはランダムだったんだが、シーフがギルステ覚えると全くギルを落とさなくなる。
 正にギル捨て状態だったのをこっそりと発表も無く修正(獣人は100%ギルを落とす)したのを俺は忘れない!

■連携はコン→レタ→コン以外必要なかった。

■不意打ち多段ws、不意打ちが多段全部にかかり全段ヒット。
 これにより乱撃は無類の強さを誇っていた。(乱レタ乱時代の幕開け)。

■一度習得したWSはレベルを問わず使えた。
□白レベル1で乱撃が使えたこと(ただし格闘スキルが必要なためサポ戦モシ必要)。

■GMには「よい旅を」という決め台詞があった。
□寝釣りの規約改正があった日にコールしたけど、最後にちゃんと「良い旅を」って言ってくれたよ。

■クロウラーの巣で20〜50まで上げられた。
 と思ったら蜂がアクティブになって狩り場として使えなくなった。
□そして骨骨ファンタジーへ。両手棍戦士が〆るのが主流だった。
 と思ったら属性WSごと弱体食らった。
□仕方がないのでサポシで多段WSが主流に。
 サポ不意打ちのDEXボーナス削除、でも不意乱撃はまだ健在。
〜〜〜〜〜ここで限界クエ導入、限界越えた冒険者が続々と解約〜〜〜〜〜
□相変わらず不意乱撃1択。1PT1モンクは最早常識。
 一部で狩人の強さが騒がれ始める。


(コラム1)

■世界は謎と冒険に満ちていた。

□むかしはゲームっぽかったよな。爽快感とか緊張感とか入り乱れて。

□ヤベェ、あまりの懐かしさに・・・何かがこみあげてきますた(´・ω・`)
 上げるついでに、昔は黒樽でもゲルスバなんかでリンク狩りが出来てたな。
 ガ系魔法、範囲WSで一瞬でのされるオークたちが哀れだったのを覚えてる。

□なんかあれだね・・・・完璧にしようとすればするほどつまらなくなるっていうか、微妙なうまみみたいののこしてほしかったよね。
 不意必中多段WSも爽快だったなあ。
 どういう方向にゲームもっていきたいのかがわからない。

□みんな何も知らなくて
 みんな金持ってなくて
 みんな冒険をしてた

□ヴァナディールには夢と冒険があった。

□みんな目を輝かせていた。

□あのころはまだフレがいた。LSのメンツがいた。仲間がいた。


■シーフと赤はサイクロン〆で戦士のアース〆より人気あったyp

■不意打ちは特定の方角では発動しなかった。
 これメインシーフとサポシーフの中の人の戦闘スキルの差が出て面白かったんだけどね・・・。

■メインシーフの不意打ちより黒の不意打ちの方が強かった。

■シーフはPTに本当にいらなかった。
オートリーダーという言葉はそこから始まった。

■芋狩りの時には黒の魔法に全てがかかっていた。

■片手剣マンセーで両手武器がまさにクズだった。

■昔はオニオン系の装備をゴブあたりが落してた。

■昔はスキルはさくさく上がってた。

■ブレスパ系のかかった敵を殴ると反撃ダメージでTP10たまった。

■全てのTPの貯まりが攻撃一回につき5だった。
 魔法はくらってもTPの貯まりが無かった。
 そのため前衛が挑発でタゲ回しをしてTPを貯めるなどの行為が行われた。
 今の固定主義とはまさに正反対でたびたび後衛が苦しんだ。
□INTで威力変わるとかで黒にも殴る機会があって、それはそれでヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

■戦戦白黒黒黒が最強だった。
□むしろ戦黒黒黒黒黒が最強だった。
□というか黒黒黒黒黒黒で良かった。
 黒三人とかでも「とて」(今で言う「とてとて」も)狩れた。

■モンクのマーシャルアーツは百烈拳よりちょっと遅い程度のスピードだった。
□当初は格闘武器の「間隔+n」が反映されていなかった。

■楽や練習相手からやたらと被ダメを受ける時期があった。
 範囲攻撃で乱獲する高レベルが各地で多発した為に当てられたと記憶している。
 一部を除きかなり不評だった。
□その前後辺りに格下の攻撃がほとんど当たらない時期があった。
 巨人がほぼノーストップで狩れたため、この時期に多くの廃人はギルを溜め込んだ。

■カエレ(゚∀゚)の後に即トドメをさしても経験値補正がなく、ウマーだった。

■セルビナはジュノの下層より混んでました。

■サポ取りでのボギー狩りがすさまじかった(初期)
 運悪くロットで負け続け最後まで取れず、再びPT希望を出す毎夜。
 あの時、もうこんな思いはしたくないと思ったのに結局、取り合い取り合いを続けていく自分がいた・・・。

■レベル18にしなくてもサポジョブが取得できた。

■ジュノの下層で普通に魚釣ってました。

■MP持ちジョブはほぼ全ての行動で魔法反応に引っ掛かった。
 弓構えてもおにぎり食っても突っ込んでくるエレ壺ウェポン…

■雑魚でTPためて連携で瞬殺できたので、後衛2前衛4の編成が普通だった。
□ナナモモ白白とか異様に強かったな。
 ケアルヘイト無かったから白が交代で回復、レタ乱2セットでオークも瞬殺。

■20台後半10人前後のPTでも古墳骨相手に経験値200稼ぐことができた。

■昔は合成する時の効果音がすげぇうるさかった気がする。

■初期のシーフはマゾ仕様でした。

■TP報告は全て手打ちで行っていた。

■弱体や精霊にレジストが無かった。
□一応7/16辺りのパッチ前でもレジストはされてたぞ。
 ただ、とて以上でも9割以上は弱体入ってたし精霊魔法も最悪2割程度しかレジられんかった。
 しかし、あの日をきっかけにレジスト率が一気に反転して、黒冬の時代に到来・・・
 楽に精霊打っても100%入るのは希、とてになるとまず50%以下しか入らん。
 バインドその他、弱体魔法もとて相手にまず入らないほどすさまじい修正を受けたなぁ・・・

□バインドの弱体化を知らずにいつもの調子でキリンを狩ろうとしました。
 当然バインドはほとんど効かず詠唱は中断され死にかけに、
 そこに突然、「バインド!」(sayで)との声が
 見るとガル戦が走ってきて俺の相手のキリンの前で挑発&しゃがみ。

 ガル戦>>さあ、おれのバインドの効いてるうちに!

 お前それバインドじゃねーだろ!と返しつつ
 ナミダが出そうになりますタ。・゚・(ノД`)・゚・。

 ありがとうガル戦
 
■今ヴァージョンアップ履歴見ているけれど。
 2002/07/09のVUで既にLV70・80を想定した敵を配置していたのか・・・・。
 1年前なのに・・・・LVキャップが75から50に引き下げられたのっていつでしょう?。
□どう見ても70〜80代を想定した敵が、ジラート以前にいたとは思えないんだが。
 去年秋頃のレベル3連携あります発言と一緒でウソだろ。
□ドラグーンとかダボイの奥にやばいのいたけどね。
 ダボイ入り口にドラグーンとかチャンプが固まって恐ろしい事になった事があった。
 ダボイに来た人間、入り口で皆殺し。
□別にドラグーンが70〜80代を想定した敵とは思えんなぁ。ドラグーンのレベルも。
 70行くかどうかって辺りのような気がするし。
□そうか!
 延命措置で70〜80の敵が55〜60になったとか。ただレベルを抑えるためだけに。
 その反動で無茶な経験値と無茶なレベル補正。

■甲羅の盾をサンドでバザるとバスより高く売れた。

■白の命運はブラスハンマーだった、バス一位のみ。

■初めの一月はアカウント料が無料になったため、皆各国に倉庫キャラを作った。
□その時ちゃんとアナウンスあったと思うが、
 無料になったのはその時までに作ってたキャラ、アカウント分だけで、
 告知後に作ってもしっかり課金されてたよ(・ω・)

■経験地が800まで取得できた。
■NMが順番制だった。
■ラングモンド峠が凄まじかった。
■ゲルスパではカザムクエスト「おお!勇気ある決断!」のイベントBGMが流れてた。
■35白樽でもおなつよを倒せた。
■マップを確認できないエリアがあってインスニデオがなかったので進む事の楽しみがあった。
■種族によるステータスの差が小さかった。
■坂口がいた。
□それってβだっけ?。

■発売当初、ラグ峠の扉の向こうのゴブをラグ峠の入口まで連れてくると
 扉の向こうまで帰れなくてそのままラグ峠入口に居座りつづけた。
 しかし、アクティブになっていなかったので、扉前までにいるコウモリや弱いゴブは狩ることはできた。

■去年のこの時期、大羊をレベル28前衛ソロなんかで狩れた。
 
■ウィンダスのM3が進められないバグが、かなり放置された。

■ゆで卵がレアだった。
□最初ゆで卵が店売りしていてウィンダスのクエで大儲け(当時としては)出来た。
□店売り停止。
□入手が激しく困難になりウィンダスのクエクリア不能状態、トカゲの卵大暴騰。

■WSと魔法の連携があった。
 ・・・・・あの頃は、いろんな戦法があったよな。
 連携の〆を白や黒がするのもありだったし。
□ケアル+ファストブレードとかで出来たらしい。
□デマ?

■去年の今頃(02.8)かな。
 黒40台に入って初めて精霊スキルが白字続きになった。
 要塞地下が開拓される前で、うちの鯖ではアラ組んで巣に行くのが流行ってた。
 時給500〜1000で、使う魔法はケアルだけだったけど、片手・両手棍・短剣が全てキャップまで上がった。
 連携の〆もしてた。
 サポの不意討ち鬼強、ヘイトの概念無し、戦略も無し。
 精霊撃てなかったけど楽しかったなぁ。

■巣の入り口の蜂がアクティブだった。

■ロイヤルゼリーまでの道のりは長かった…

■クレイモアをバスでバザるとサンドより高く売れた。

■獣使いの「なだめる」はあやつれないモンスター(獣人やエレ)もなだめることができた。

■捨てるほどクリスタルが落ちてた。

■クリスタル献上で、戦績が腐るほど貯まってた。

■スキルに関係無く、わりとなんでも釣れた。

■エンやスパイク系のダメージでも、TPが貯まってた。

■獣使いの「あやつる」は、メインのレベル依存だった(サポ獣1でもok)。

■ランダムの数値が2〜998だった。

■復活後の衰弱が、カーズナで治った。
□デマ?

■赤にクリアマインドがひっそり追加。

■魔手クエの一部は、該当ジョブでなくても取れた。

■シーフに格闘スキルは無かった。

■幽霊タイプのモンスターのWS呪詛が、いつの間にか名前が呪うになった。

(コラム2)

■教科書が教えない狩人の歴史(一部記憶不明瞭)
□属性矢が1本2万ギル以上した。他の矢も軒並み高く、銀の矢は実装されていなかった。
□グレートボウが最強の長弓だった。しかもサンド1位でなければ入手不可能。
□カモフラージュ中に扉の開閉が可能だった。
□弓のWSがなくTPも貯まらなかったため、。
 連携は、当時スキルEだった片手剣でのレタスによる繋ぎしかできなかった。
 サイクロンを覚えて初めてほんの少しだけ日の目を浴びた。
□乱れ撃ちによりバグでとんでもないダメージ数が表示された。
 実際にはログほどダメージを与えていないことが判明し、狩人というジョブ自体にうさんくさいイメージが定着する。
□広域スキャン画面での敵の名前の表示が1段ずつずれることがしばしば起こった。
□カモフラージュとスカベンジにより、ジョブ「芸人」と揶揄されていた。

■教科書が教えない獣使いの歴史
□初期のあやつる使用間隔5分、大羊やモルボル、NMでさえもあやつることができた。
 あやつるの効果時間は敵の強さ問わず約5分程度。だだしクリティカルを食らうと魅了切れ。
 あと「なだめる」はあやつれないモンスターをもなだめられた神アビだった。
 が、当時は獣使いの人数が少なかったため、あまり知られることはなかった。
□巨大モンスターとNMがあやつれなくなり、「なだめる」はあやつれるモンスターしかなだめられなくなった。
 この頃からマゾジョブの1、2を争うようになる。
□あやつるのクリティカル魅了切れがなくなり、代わりにあやつれる時間が敵の強さ依存になる。
 おなつよが3分程度しかあやつれなかったため、当時の獣スレでは大ブーイング。しかしジョブの人口が少ないため(以下略。
□あやつるが15秒間隔になる。獣使いにとっては神パッチであったが、当時の獣スレではよろこびの声よりも。
 替わりに何か弱体されるのではないかと恐怖の声のほうが多かった。
□あやつるのヘイトが高いことが判明し、前衛のサポ獣による「挑発U」の時代到来。
 主に戦士/獣が多かった。
□あやつるのヘイト修正。挑発Uの時代終焉。あやつれない敵に「あやつる」でバインドの効果実装。
 謎の強化ではあったが、主にソロ時の敗走用として地味に使われる。
□一時期ペットよりマスターのほうが殴られやすくなるとかもあったな。

■教科書が教えない吟遊詩人の歴史
□最初の頃歌の効果が現在の半分で、しかも片手剣・短剣共に今よりスキルレベルが低くソロが極めて辛かった。
□さらにレクイエム等敵にかける歌の詠唱が普通の歌と同じで歌い終わる前に敵が範囲外へ行くことがしばしばあった。
□弦楽器がバス上位でないと入手不可能でバスが万年ビリの鯖では弦楽器スキルが全く無い詩人が多かった。
□突然告知も無く歌の効果が倍近くになるが武器スキルの低さからソロは今以上に辛いままだった。
□ララバイが実装されるが当時リンクしたら寝かせるという考えが無かったため全く評価は上がらなかった。
□ララバイがバグ持ちで寝てる状態でたたいても目覚めなかった。
□歌を戦闘中に発動すると挑発一回で剥がれないくらいのヘイトが発生して戦闘前に必ず歌わなければいけなかった。
□挑発弱体と共にサポ詩で歌挑発などが一部で行われていた。
□仲間対象の歌がピーアンを除く全部がヘイトが0になる。
 しかしピーアンはすさまじいヘイトを維持していたため緊急時に歌い身代わりになって死ぬ等の行為が行われていた。
□エレジーが挑発並のヘイトがあり時折挑発代わりに使われていた。
□突然告知もなくエレジー・ピーアンのヘイトが下がる。
□楽器に付加効果が何も無かったがとにかくレベル高いヤツが強いと思いホルン・ラミアの竪琴が高レベル詩人によく使われていた。
□バラードが当時MPが徐々にと言ってもあまりスゴイ物と思われず詩人はピーアンやマドリガルのために誘われていた。
□闇王実装と共に詩人の地味な強さが徐々に広がっていき白魔くらいの人気になる。
□バラードU実装と同時に蓄積ヘイトの概念が生まれ今までヘイトが無かった歌に強力な蓄積ヘイトが出るようになる。
□バラードUの効果が当時4だったがパッチでIと同じ3になる。

■不意打ちとシーフとモンクの歴史
□JS「ぬすむ」に劣化挑発並のヘイトがあり、十分タゲが取れた。
□メイン、サポ共にDEXボーナス無しの只のクリティカル。
□自キャラが北西向きだと敵の背後を取っていても攻撃が必中ではなく、クリティカルでもなかった。
□多段WSに乗せると全段必中&全段クリティカルだった。
 初期のシーフの性能は非常に悪く、同じく不遇なモンクとの仲は良かった。
□メイン、サポ共にDEXボーナス導入。
 これによりシーフ以上の不意打ち使いが大増殖。
□シーフに格闘スキルが追加。モンクも最弱シーフにスキルが追加された程度では揺るがない自信をまだ持っていた。
□サポシーフからDEXボーナス撤廃。
□ネガキャンとクレクレによって他職を弱体させたシーフが叩かれ始める。
□北西鬼門の撤廃。
□多段WSの一段目のみしか必中&DEXボーナスが乗らなくなる。
□JAだまし討ちが追加実装される。
 不意打ちとの相性が抜群に良く、遂にオートリーダーから希望無しでも誘われる程の人気職になる。
 それまでスキルEの格闘を使わざるを得ない状況から一変、片手剣や短剣のWSが不意だまによって大化けし、格闘使いは激減した。
 しかし片手剣、短剣の物理WSが格闘WSと相性が悪く、更には不意だまの性能そのものがモンクとの相性が悪い為、
 やはり同パーティー内にシーフとモンクがいる事は稀なのであった。
 が、ナイトという思いもよらぬ友を得る事になる。
□バージョンアップではないが横だまなるテクニックが発見される。
 ナイトとの相性を決定付ける。

□シーフが獣人を倒してもギルを落とさなかった。
□不意打ちはただの必中アビだった。
□シーフのソロは白以下だった。
□不意打ちDex補正が出来た事によってシーフでも3桁を出す事が出来た。
□シーフが不意打ちで120出してる間に黒は300近く与えていた。
□トレハンはサポシだけで十分だった。
□短剣のWSはサイクロンまで弱かったので殆どが片手剣使いだった。
□サポシ弱体によって他ジョブから恨まれていた。
□更に宝箱とシーフ鍵も実装されて恨まれた。
□騙し討ちとトレハンIIが実装され一気に役に立つようになった。


■旧Verだとm巨人は16分ポップ、鍵を1個100%ドロップだったと思う。
 当時はレベル30〜35でアラ組んでデルクフ登ったから、リアルで夜が明けた。
 ランク5になるためのベドーのジュフ持ち亀も同じ。
 こちらはベドーに一度行ったことがある奴が多かったから、サーチ駆使して空いてるときにいけたけどね。
 デルクフ上層についたらモウ1アライタッテ、フレから泣きが入ったテルもらったの思い出したよ。

■隣PTでリンクした敵等を剥がそうとしても絶対剥がれないくらいの強力なヘイトが発生してた時代があった。

■あやつるに挑発並のヘイトがあった。
 それを利用して15秒に短縮されたとき戦/獣1などで凄まじいタゲ取りができた。
 あやつるがCHR依存じゃなかった。

■自分へのエフェクト効果をフィルターしてるとレイズが効果を発揮しなかった。

■ケアル回復量が標的のVIT依存だった。

■タイガーストールクエが何度もできた。

■飛空挺や船が飛びたつ瞬間座ったり魔法が発動すると海上に取り残された。

■ジュノのシグネットかけてくれる人は最初領事館に入って右側にいた。

■クロウラーの巣入ったとこのハチは最初アクティブじゃなかったよな、その後アクティブに変更。
 またまたその後ノーアクティブに変更、現在にいたる。
□インスニなし蜂アクティブの時の(7月頃だったか)巣は盾役にとって地獄だったな。
 40前後でカブト狩りに行くまでに高確率で刺されて前衛あぼーん。
 エスケプも無かったから帰りで刺されてあぼーん。
 で、その日の稼ぎパァ・・・うはwwwwおkkwwwww

■初期の詩人はログ流しの名人
 実装当時はマジックバーストが二重表示してなかった?
 11月のログ整理のパッチがはいるまで連携の属性すらまともに表示されてなかったきがする。
□連携ダメージも最近まで二重表示してたな

■当初骨魔道師系・ゴースト系はブレイズスパイクを撃っていたが。
 アイススパイクに変更されウザさがちょっとあがる。

■去年(02)夏ぐらいまで競売等にお金投入するときに
 桁ごとに数字設定できなくて(上下ボタンで0〜)エライ不便だった記憶が。

■バス人にちょっぴり偏見があった。
□今でもあります。

■連携したWSが二重表記。MBは表示すらされなかった…
 連携属性表記もなかった。「→」じゃなくて「⇒」だった。

■コンクエの状況について
 初期 1.サンド 2.ウィン 3.バス(バスのMがきつかったため暫く最下位だった)。
 中期 1.バス 2.ウィン 3.サンド(この状態が何ヶ月も続く)。
 現在 1.ウィン 2.サンド 3.バス(現在この順位がほぼ固定のまま今に至る)。

■チーターのせいか競売停止が何度かあった。

■メインシーフの不意打ちでも普通のクリティカルだった。

■デジョンクエのためスライムオイルが高騰していた。

■錬金は糞高いポーションや、スライムオイルを使う武器のため未来が無いと言われていた。

■グスタのザルク領前にシグかける人はいなかった。

■前衛はみんなゆで卵を食べていた。

■バスでは人形、トカゲの卵が高騰していた。

■ネムリタケマラソンというものがあった。

■バスでは一時期ミスリルマラソンが横行し、チョコボ料金が1000越えることもしばしばあった。

■昔はMP最大値の必要性が今より高かった。

■デジョン発動後エリア切り替えが始まるまでかなり長く脱出用としてはかなり危険だった。

■それを利用して名前だけ浮いてる透明人間で遊べた。

■デジョンクエはオファーされるときベドーで取れるって言ってるのに何故か誰もベドーにオイル狩りに行かなかった。

■レベル差補正やスキル依存が低かったためにINTや天気曜日の力が強かった。

■戦士の格闘スキルはBだった。

■歌の店売り値段は当時としてはありえない金額だった。

■オーバーロードはブロンズサブリガ落としていた。

■斧WSは不意打ちを当てないと全くあたらないほど命中率が悪かった。

■多段WSがコンボ・乱撃以外使い物にならなかった。

■アビの「暗黒」はもっと強かった。

■レイジングアクスの威力がいつの間にか上がった。

■ヒュム♀だけ何故かレッドキャップの羽が無くかなり放置された。
 グリーンベレーもそうだったが結構はやく修正された。

■スレノディにレジスト判定が無かった。

■ドールタイプの技メルトダウンが今より強かった。

■連邦軍師制式錫が糞性能で何かあるんじゃないかと交換した人は馬鹿を見た。

■リリスロッドのアスピル発動率はかなり低かった。

■アスピル・ドレインはまさに糞魔法だった。

■魔法のフィナーレが何を消したのわからなかった。

■エン系魔法は最初敵のTPも追加効果分貯まっていてあまり使えなかった。

■骨はケアルで釣ればリンクしないというデマが広まってた。

■レベル差補正などなかったため
  少しでも早くサポートジョブをゲットしようとLv8位でフルアラを組んでグールやトンボに特攻していった。

■インスニが無かったのでナイト試験3がめちゃくちゃ厳しかった。
 フルアラで陸を進むやつらがたくさん居たが。
 Lv高いオークに絡まれる危険があり大変だった。
 ドラグーン、ドレッドを入り口まで連れて逃げて来るアホのせいでダボイは地獄だった。

■グールは取り合い上等で、たとえ武器を抜く瞬間に挑発で横取りされても文句たれるやつはいなかった。
□毎晩、罵声が飛び交いまくってた訳だが…。
 「ゴブ狩ってもねえPTがグール狩ってんなよ」とか、
 「うぜぇー、また別のPTきたよ」「ミス」とかな┐(´д`)┌

■モンスのPTメンに対する執着がすさまじく、マップのはじでからまれゾーンとかすると
 他のPTメンがマップの逆側にいてもモンスがすっとんでいった。

■プロテア、ケアルガを使うと隣のPTが戦ってる敵がすっ飛んできた。

■骨はケアルで釣ればリンクしないというデマが広まってた。

■アイススパイクは一度消えて復活したら不死系がこぞって使うようになった。

■ホーリーの燃費が黒魔法よりも格段によく、
 ナイトが釣りにつかったり、白は黒の変わりになったりした。

■ブリガンダインのレシピで大騒ぎになった。

■ブリンクかけている状態でデションを使うと分身が異界送りにあった。

■同様に、ブリンクがかかっている状態で唄をきくと、分身が完全に消滅。

■昔は歌唱スキルによる効果アップがなかった。(今よりもかなり効果が低かった。

■昔はメイン詩人でも一曲しか唄をかけれなかった。

■敵にかける歌も10秒かかり、歌い終わる前に敵が範囲外に出て、効果がないことがかなりあった。
 その癖効果はなくても攻撃した事になるらしく、赤ネームになり辺りのゴブと一緒に向かってきた。
 唄のヘイトが馬鹿高く、戦闘中に歌うことは自殺行為だった。
 唄の種類と数が今よりもずっと少なく、殆どの唄を25までに覚えてしまっていた。
 よって、サポ詩人のほうが有意義に使え一部で戦/詩等が流行った。(メイン詩人よりずっと強かった。

■プロテアやホーリーサークルのヘイトが高く、挑発の変わりに使えた。

■攻撃を受けるとTPが10たまったので、誰でもサポ戦士OR白で連携に参加できた。

■ブラッククラウド、バトルダンスのダメージが激低く、全体にダメージ(=TP+10)だった為、PT全員でws連携しまくりだった。

■唄がバトルダンスで詠唱中断した。
□バトルダンスはスタンだから歌でも中断するよ。
□スタンするのは草払い。バトルダンスはDEX低下。
 まあとてとての打撃食らえば歌以外は大体中断させられるがなー。
□歌は詠唱中に攻撃されると、今の魔法とおなじく中断されていた。
 バトルダンスだろうが草払いだろうが。

■ゴースト系は最初ショックスパイクを使っていた。
□おそらく単純にアイススパイク修得レベル以上ではアイス、
 ショックスパイク以上ではショックを使っていたんだと思う。

■サンドリアの城には自国民以外は高ランクでさ自由に入れなかった。
 3国ミッションの時だけ入れたのでその時にモンクは、リンクスバグナウを取るのが常識だった。

■競売所が10ギルのコインロッカとして利用できた。

■状態変化のアイコンにカーソルを合わせても効果が表示されてなかった。

■低級ゴブが毛織物を落とすことがあった。
 序盤のいい金稼ぎだったんだがなー。
 サルタの蟹も高く売れるアイテムを落としてた気がする。
 これも一緒に修正されたんだっけか。
□魚からシャル貝とかな。
□今でも毛織物落とすよ。
 まぁドロップ低めみたいだけど。

■「wwwwww」がなかった。
■2ch用語や顔文字が今程出回ってなかった。
■公式の意見交換場所がなくアングラが表に出てしまったため、ヴァナもその風潮に染まった。

■「ユーザーはヴァージョンアップに慣れていないんですよ^^」と恐ろしい発言があった。
□やべぇここまで読んでそれ読んだら開発陣なぐりたくなったぞ。

■コンシュタットにトンボがいた。

装備関連
■ハンティングソードがアフォみたいな値段で取引されてた。
■クジャクの護符、血玉のピアスなどが10万ほどで出回ってた。
■スケイル装備で30くらいまでいけた ⇒ スケイル勇者の誕生。
■前衛は鋼鉄装備に憧れてた。

食事関連
■コカ肉やクァール肉がガル以外でも生で食えた。
□ガル以外でも喰えたのはクアールだけだったような。
■ミスラは、生魚を食べられなかった。
■食事の有効性が広まってきた頃、クアールの肉はSTR+7で高性能の為、人気があった。
■それまでの主流はせいぜい兎グリル。この時点での食事をしないしない人が8割。
■山串は1本1500ギルとかで誰も買わなかった。
■前衛のほぼ全部がゆで卵を使用していた。
■前衛の食事はゆでたまご一択の時期があった。
 煽りあいで後衛が「いいから卵食っとけ」と挑発してた。
■そのゆでたまごも店売り開始前までは1コ1500ギルとかで取引されてた。
 トカゲ卵が枯れ谷のトカゲからしか手に入らなかった。
 卵をバスミッション、ゆでたまごはウィンクエで使うため非常に入手困難。
■バス人は、ガルカンソーセージが主流だった。みんな必死で焼いてたね。
■食事でのステータスアップは固定値だった。
■サンドリアグレープを食う前衛もいた。

■去年の11月頃からサンドが2位以下で雑技団がいないにもかかわらず、
 何も無い南サンド競売前でナイフ投げの音だけしてた。
 ジラ前あたりで修整された。
□( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

■町でもPCに向けて遠隔を撃ってる振りができた。

■ギルドで魔法詠唱をすると職人からたくさんの罵倒をもらうことができた。

■戦士Lv15にHPMAXアップのジョブ特性があった。
□戦士のHPMAXアップ無くなったんではなくて物理防御アップに変更になった。

■詩人は全ての歌に高ヘイトがあり歌う度にタゲが来て死ぬジョブだった。
 EXジョブが出回りはじめてしばらくは狩人以上にダントツの少なさだった。

■短剣WSのガストとバイパーの覚える順番が逆だった。

■不意打ちWS使っても不意打ち効果が残ってた。

■両手斧WSシュトルムヴィントが単発攻撃だった。

■エン系は8、9、11月に弱体され、2月に9月の状態に戻り物理属性から魔法属性になった。

■リーピングブーツはコンシュで取れた。

■闇の王が倒せなかった。
□LVキャップ50時代では、絶対に倒せない強さに設定されていただけ。
 一応戦えるので、まさか倒せないと思うはずも無く、廃人達が研究に研究を重ねていた。
□ああ、違うか発売当初はミッションが途中までしかなかったんだ。
 闇王とは戦えなかったんだよ。
 その当時の■は。
 「オンラインゲームに完成はない、新しい要素がどんどん追加され常に進化し続けている」
 っていうのを、日本人の悪い癖なのか自分に都合の良いように解釈して。
 「オンラインゲームは未完成のままで発売して良い。あとから追加できるんだから」
 ってな感じになっているとユーザーから散々叩かれていた記憶がある。
□いまでもそのスタンス崩してないよな。
 最初ザルカなかったって聞いたけどそれかな?今回でいうとトゥーリアみたいなもんか。

■プロテスがウィンのヤグからしかまともに取れず。
 開始当初人気があったバスで高額で売れた。

■通常フィールドの獣人が装備落とさなくなったときの■のお言葉。
 「ダンジョンで獣人がアイテム落とす確率が増えました」
 (゚∀゚)?

■戦闘中ログを見ることができなかった。

■彫金のギルド売りが儲かりそのまま上げてメイン合成にした人は泣きを見た。
■バス1位のとき各種原石が飛空挺乗り場で買えた。

■戦闘中のバ・プロテス・ケアルガは絶対にしてはいけないものだった。

■ペットコマンドのエフェクトがバーサクでうるさくてしかたなかった。
■「もどれ」で「まってろ」を解除できなかった。

■挑発がどうみても弱体されてるのに■は弱くしてないと言い張った。

■狩人は銃実装で人気ジョブなどと寝ぼけた発言をした。

■Maatがいなかった。
 嫌ならやめてもいいのじゃよ?

■○○のNPC売りの価格を修正しました。
 働いた分が正当にむくわれなさすぎ。

■絹糸@3個で500ギルという今考えたらもったいないクエをウマーと思ってやっていた。

■そのころ武器屋で売り買いしてる人が割りといた。
□今でも、競売より店売りの方がお得なものはたくさんある。
□三国にしか売ってないものとかジュノで売ると結構もうかるよね。
 職人もめんどくさいんで少したかくても買うからね。
□PC売りの価格さえ調べないヌル厨と、後続つぶしの廃人がデフレを引き起こしているからな。
 あと、NPC売りウマーが良いならほかのネトゲー行けって見解らしいからな。>■e。

■クリスタルがなかなか落ちなくて合成がしづらかった。

■みその漫画があった。

■黄ネームのモンスに「ぬすむ」が出来なかった。

■スタックできる合成素材は整頓で1つずつバラさないと合成できなかった。

■合成中にプロテスをかけてあげると、必ず失敗させることができた。
□プロテスに限らない。魔法や歌でも。

■モグハウスで合成はできなかった。

■実際に50万ギルだしても飛空艇パスは買えなかった。
□( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

■ミスリルブレストは合成で作れなくフェ・インのGoliathのドロップしかなかった。

■ミスリル亀がブレスト・ヤグがホワイトクロークなどドロップしたは当時ネタだと思われ続けた。

■戦士 格闘C>D。

■初のジュノ上京の時、沼の次はベドー抜けるものだと思ってた。

■クビアの闘技場は対人戦できる所だと思ってた。

■PTメンバーが絡まれる、戦闘開始した瞬間メンバー全員がヘイトリストに載ってた。
 大リンク中に何もせずインビンとか自ケアルでタゲ取れてたのにねぇ・・・

■絡まれ>装備変更で敵のタゲが外れてた。
 後衛が絡まれた時装備変更でタゲが前衛に。便利だったなぁ。

■魔法詠唱中に装備変更でエフェクトがキャンセル出来た。
 最近だと2つ以上変更でキャンセル可能っぽい。

■BC等にあるLV制限は無かった。
 
■開始当初、グスタベルグなどの町周辺に生息している蟹は、たまに陸蟹の甲羅を落とした。
□それでPCが殺到し始めたら即効緊急メンテ入ったなー。
□甲殻は店売りで700ギルちょいだった。
□逆に現在では陸蟹の甲羅は391で店に売れるのに、競売相場がそれより低くなってたりすることも。

■属性WSが異常に弱体されていた時期があった。
 TP300セラフストライクが5連続で70ダメ・・・。

■安全地帯で釣り役が釣ってきて狩る、いわゆるチキン狩りがなかった。
 みんなでワイワイ移動しながら狩りやってて楽しかったよな・・・。

■パーティーでの経験値補正が今以上に酷かった。

■サンド港の釣り兄弟が旅に出た時期があった。

■巻き戻り事件によって、PCデータのサーバー保存は
 エリア移動時またはログアウト時に行われていることが判明した。
 同じエリアでずっと経験値稼ぎしていたPCは泣きを見た。

■モンク集会、ザルカ特攻などのユーザーイベントがあった。

■去年の盆踊りはエリア集中のため強制移動など措置がとられたが。
 トリビューンで「Bon-Odori開催」といかにも自分たちがやったように紹介された。

■北サンド中央にいるエルヴァーンの子供は昔話しかけなくても泣き続けていた。
□AF導入により釣り竿を子供に返せるようになった。

■バストゥークの錬金術ギルドで売られているコウモリの翼の値段が、
 サンドリアのクエスト報酬よりも安く、当時では大金の1、,2万ギルを軽く稼げた。
 ギルド開店待ちもこの頃から見られるようになったかも。

■同じ曲でも詩人の数だけ重ねがけできた。
 そのためマーチ×6するとおそろしい早さで攻撃できた。

■骨だけでレベル上げできた、おかげで骨骨ファンタジーと呼ばれた。
 補足、現在は虫虫ファンタジーと呼ばれる。

■全エリアの魚がシャル貝を落とした。

■片手斧のwsの属性が一つしかなく、多段もなかったため使っていると白い目でみられた。

■獣の装備できる武器は今以上に少なかった。

■ハンマー装備の白でも充分に殴りで貢献できた。

■原石転売というアコギな商売が儲かった。

■太ったグリーディがほとんど釣れなかった。

■ボストーニュ監獄は無駄マップだった。

■槍のエキスパートは戦士だった。
 挑発一発ではがせないほどのヘイトを稼げた。

■召喚ヤグ、忍者ヤグ、侍ヤグは見た目しかそのジョブになっていなかった。
 そのため弱く、ギデアスは格好のリンク狩りの場になった。

■竜騎士オークは相当弱かった。

■修道窟の奥は未開の地だった。

■暗黒も片手剣以外持つことを許されなかった。

■バイパーは使えないwsに入っていた。

■エビルウェポンでレベル上げをやっていた。

■根性試しクエは運が良くないとクリアできないクエだった。

■「せんとうちゅう」と打つと「千と宇宙」と変換された。
□「あっしゅくらぶ」を変換すると「圧縮ラブ」になっていた。
□「うぃんだす」を変換すると「Win出す」になっていた。
□もーにんぐむすめ→モーニング娘。
□FFの辞書はやたら麻雀に詳しかった。
□PS2版デフォルトの日本語入力システムは「Wnn」だった。
□「Wnn」の変換精度の低さと単語の少なさのため「粘菌」は「年金」だった。
□POLやコンテンツ全て「Wnn」が削除され「ATOK」のみとなった。
□「ATOK」の作動が異常に重く、たびたび修正された。
□「すぱた」を変更すると「SPA!た」になるためみんな困った。

■<t>にやられる!助けて!!があった。

■プロテスII・IIIはあったのにプロテアII・IIIは無かった。

■プロテスの効果時間がPL防止などのためか効果時間が短くされた。

■敵の古代魔法を見て黒魔は夢を抱いていた。

■獣人ダンジョンの奥など全く未開の地。夢があった。

■サンドの戦績品が腐っていた。

■バタリアの北海岸沿いは、現在のバタリア古墳の中のように経験値稼ぎパーティで込み合っていた。

■熱い狩場ランキング
 要塞地下>縄張り通路>ダボイ
 だったが今は誰も行かない。

■ビースパタが隠しレシピだった。
 当初は5000ギルとかでばんばん売れてた。

■縄張りと修道はサーチできなかった。

■レベル33あたりで要塞に来たときは「穴に落ちたら死ね」がお約束だった。

■55キャップ時代のダボイ南西広場はPCばかりでワンランク上のオークしか残ってなかった。
 Cに絡まれたPTから「チャンピオン出動しました!」とかいうシャウトが聞こえたもんだった。

■狩場変遷期
・50キャップ時代
□7/2前は、巣とダボイがLvあげの主流だった。
 セルビナ→巣→ダボイが当時の大雑把なルート。
 当時は黒がいなくても50でドラグーンでも普通に勝てた。
□7/8後は、巣の蜂がファイナルスピアで1700(今は修正)与えるので事実上封鎖。
 縄張り、要塞地下、古墳などが開拓されていった。当時はLv33からLv47まで骨であり、骨骨ファンタジーと呆れられた。

・55キャップ時代。
□ベドーオズが狩場にならない(配置、敵の強さ、後衛ジョブのLvずれ)ので、ダボイに50overが押し寄せて経験値70ぐらいのオークを取り合い。
 間もなくズヴゥールやフェインが開拓され、テレポヴァズ実装で大人気に。
 ホーリーと伴い白様が超必須化。しかし蝋燭の火の最後の燃え上がりだった。

■ベヒーモスの縄張りは骨骨ファンタジーの頃そこそこ人気の狩場だった。
 キャンプしている通路にも骨が沸くのでよく救援が出たり、逃走するPTが続出だったためかなり混沌としていた。
 今はキングベヒーモス特攻くらいでしか人が集まらない。

■一時期オークの雄叫びのログが通常、「オークは雄叫びの構え」となるところを
 「オークは弓の構え」とよくわからない構えをとっていた。

■モグ金庫拡張クエ実装前日まで、バスNPCがブロンズベッド売ってた。
□ミリオネアデスクも消え、幻の家具と呼ばれるようになる。

■1次黒漂白期のホーリーは鬼だった。
 詠唱開始と同時に敵赤ネーム→やや遅れてエフェクト発動。長射程。
 雄羊・粘菌キノコ・NM、白に釣り勝てるジョブはいなかった。
 またレジも皆無なため、ナモ白白白白が最強だった。

■サソリの爪が1000G、甲殻が2500Gで取引されていて、サソリ狩りが大人気だった。
 それぞれ合成品の店売りが激安になって衰退。

■魔法詠唱中断から再度詠唱がすぐ出来た。
 オークが強化された際実はゴブリンも強化された。他は知らん。

■ケアルの効率を良くしたと発表したが実際はケアル2を連打できないようにしただけのお粗末なものだった。

■骨のブラッククラウドはかつて大幅に弱体されたが最近元に戻った。
□骨のブラクラが強化されたのは、去年の8月のパッチだよ。
 それまでは盲目がうざい程度だったのが、いきなり今のように大ダメージを喰らうようになった。
 まあ、それでも狩ってるうちに元に戻っていって、4月のパッチでまた大ダメージを喰らうようになったんだよ。

■戦闘中に魔法等の効果が消せなかった。
 タゲ取ってもバーサクの効果が消せなくてわざわざ戦闘解除して消してた。

■昔はガード時のダメージは0だった。
 そして発動率が極端に低かった。

■「かまえる」が神アビだった時代があった。
 挑発やインビン以上のヘイトがあった上にカウンターしまくったため、
 被ダメTPため乱撃も手伝って、ガルモ/戦が最強の盾の時代があった。

■7月のパッチで突然ケアルのヘイトが激増。
 低レベル帯では挑発では剥がせなくなり、死人が続出してえらいことになった。
 その後コッソリ修正。
□7月のパッチは、ケアルヘイトの修正では無く、挑発の弱体。
 それまで挑発1枚で盾出来てた戦士をやってたが、
 モンクならまだしもシーフにすらタゲが移るようになってしまった。
 思うに揮発性のヘイトって概念が実装された為と思われる。

■倒してはいけない敵をPCが倒して鯖が落ちた。

■スライムオイルが当時3万ギルを超えてた。

■デジョ2クエはフルアラで特攻してた。

■ナイト取得クエの難易度だけが異常に高かった。

■鉢や種は半年以上実装されなかった

■デルクフミッションが何故か高難易度になった

■アウトポストに武具を納入することは出来なかった

■雷クリスタルの使い道がほぼ皆無だった

■モーグリを探せというイベントで船に閉じこめられるという面白いことが出来た

■「ぬすむ」がリチャージ15分だった。
  しかも、ほとんど盗めなかった。
  盗めても、当時は使い道の全く無い獣人貨だった。

■ジュノ大公のプライベートルームは
 リビングと寝室のドアが逆につけられていたことがある。
 
■ドラギーユ城の暖炉が
 青白く光っていた時期がある

■当初辺境への移動を行きにくくされていた。
□ジュノ⇔カザム飛空挺500G(今200G)
 ノマドモグ設定料(引越しするために必要なG。今全てタダ+引越し不要)
 カザム1500G ラバオ500G ノーグ100G
 ジラエリアチョコボ使用不可
 みんなの怨み解除料今の倍
 カザム、ラバオ、ノーグでもバザーで税金かかる、競売出品料高い(今は3国と同等)

■ハロウィーンで導入されたトリートの杖は期間中、殴っていればデジョンしてた。

TOP Page へ戻る


04.1.16 「FFXI発売当初の思い出を語るスレ」 より

かくして冒険者達は思い出を語りはじめる・・・

■認証エラーがラスボスだった頃。
 先にログインできた自分が、
 まだ来ぬ友達のためにワールドパスを確保していたあの頃。

■ザルカなんてところはとてつもなく高レベルの廃人のみが行けると思ってたあの頃。
 <TP>代名詞な無く、手打ちでTPの数字だけをログで流して連携してたあの頃。
 クロウラーの巣の地図を持ってる香具師が本気でスゴイと思ってたあの頃。
 鋼鉄フル装備の香具師を見て、カッコイイを思っていたあの頃。

■あの頃のノリが残っていたら、きっと漏れは解約しなかった。

■でも、一番楽しくてドキドキしたのが2chの「指をくわえながらHDの到着を待つスレ」かな
 到着してログインした人の感想とか、まだこねーとか言ってた頃が一番良かったw
□思い出と言ったらこれでしょ。 あの頃は若かった。

□HDD10日くらい前に頼んで発売日に届いたのには驚いたな
 しかしログインできたのは2日後の事だった

□HDDが家に届いた日が一番うれしかった。
 今は ほこりかぶって放置状態だが。。。

□あと、あと、発売日に、インストール画面でヴァナディールマーチ聴きながら
 綺麗なクリスタル見ながらインストール完了待ってた時が、期待とワクワクの最高潮だった!
 マジで忘れんよあのワクワクは。

■あまり面白いと思わなかったな。最初から。
 何するにも時間かかるし、よっぽど時間に余裕ある人じゃないと無理だ。
 二ヶ月が限度のゲムだった。仲良くなった人達に最後の挨拶するのが辛かったなあ。

□最初の一年どころかストレスなくプレイできたのは開始2ヶ月だと思われ。
 7月からは締め付けにつぐ締め付けで快適にプレイなんてできやしなかったからな。

□一ヶ月以上やって面白さを損なわないモノってのがありえない。
 FFはよくやった。

■75で一応の区切りになって、これからは昔みたいにレベル上げに捕らわれず、
 マッタリ楽しむことが出来るんじゃないかと期待してる俺は甘いかな。
 そもそも75を目指してしまった俺自身に原因があって、マッタリするなんて無理なのか・・・orz

■FF川柳とか懐かしいなぁ・・・
   遠くだと
     オークに見える
       ガルカかな

■レベルひと桁の頃、LSなんかもまだなくて顔見知りの数人でいつもPT組んでた。
 そしてレベルがやっと二桁になった頃、皆でお金出し合ってLSつくった。
 と言っても1人がミスリルマラソンで稼いだとかいって半分以上出したんだよなーーー
 レベル75になった今でも同じパール。
 そして当時のメンバー全員いるのは奇跡かな。もうほとんど家族みたいなもの。
 おかげで新規メンバーのいつかない事といったらないw
 一年半以上たった今も相変わらずの初期メンバーしかいない・・・・

■モグ探しイベントは、今冷静に考えるとマウラとか人集まりすぎてラグりまくり、ドアあかねーーー等、すでに糞イベント臭がしてたな・・・
 当時は、まだ純粋だったからお祭り気分で楽しかったけど。

■一番ワクワクしたのは発売前のヴァナディールウィンドじゃね?
□発売前のストリーミング動画はまじでワクワクしたな
 Destinyタンだの太もも神だの言いつつ、毎週のライブイベントを2chで実況して盛り上がってた時が一番楽しかった・・・。

■βからしてたんだけど、あの頃ってHPがラテーヌとか各地に点在してて、周りにいつも人がいっぱいだったなぁ・・・
 リンクされたり、絡まれたりした時はそこに助けを求めに行ったりしてね。
 そして、β最終日のカウントダウンは最高に泣けました。
 あの時、FFは最高のゲームだと信じきってたし。
 βの頃が1番楽しかったよ・・・(ノД`)

■自分で色んな事を調べるしかなくて、これはどうしたらいいんだろう?とか必死で考えていたら、
 もしかしたらそれは、こうじゃないか?って言ってくるやつがいて、
 いや、そうじゃないかも、こっちはどうだろ?っていってるやつがいて、
 一緒に遊びに行ってみて、やっぱり間違ってたり、やっぱり正解だったり、
 そいつらとしばらく楽しく遊んで、また、別れて、又、どっかで偶然会ったりして、
 狩場で隣のPTに前組んで面白かったやつがいたり。

□2chなんて知らなくて健全なFF11サイトしか見ていなかった
 もちろん攻略法なんてものもほとんど載っていなかった
 ヴァナで自分の目で見て聞いたものだけを頼りに冒険していた
 いつから2chやしたらばで情報読みあさって能率のいい動きを求めはじめたんだろう・・・悪いのは自分か、時間かかりすぎの仕様か・・・

□情報過多でつまんないとか言ってる人が
 2chみたりしたらば見てるから面白くないのではないか?

□2chとしたらば以外、どこの掲示板見ればいいんだよ・・・(´д`;;
 公式作ったら作ったで問題あるのかもしれないけどねぇ。

■多数決の結果だよな。今のヴァナの有様は。

ジョブ・戦闘

■つよさは?>ALL
□とら

■赤/戦 2番レッドロータス TP106%です! だったあの頃
□発売当初じゃねええ・・・・・
 連携もほとんど無かった、TP報告なんてもってのほか 。 TぽK
□tぽk初めて聞いた時はハゲワロタなぁ。
□tぽk wすちます

□<tp> なんて無かったよな。というか連携無かった。
□むしろTPは10ずつしか貯まらなかった。
 リーチにTP吸収されて端数がでて驚いてたナー。
□手入力でTP100、撃てます!とか入れてた記憶が・・・
 あぁ、おもろかったなぁ、あの頃は

□TP100%→@
 TP200%→@@
 TP300%→@@@

■順番決めて挑発タゲ回しとか。

黒魔法「バインド」の効果持続性を修正
 この一行から黒魔のボンクラーズ時代が開幕した・・・。
 本格化したのは精霊弱体後だけどね。

□漏れ黒開始だったんだが、Lv7になった翌日バインド修正。
 詠唱中断されにくかったから、ずるずるとソロでグールぬっ殺すまで行ったが。

□タロで樽黒が200ダルメルをバインドで倒しまくってるのを見て、
 「何かこのゲーム、やばくないか?」と素で思った・・・・・

□あの時の黒はバインドもやばかったが、
 タルのMPも他に比べて多すぎだと気付かなかったのか・・

□俺が今まで確実に修正必要だな、と強く思ったのはあの黒バインドくらいだな。
 何しろ敵のバインドも超強烈だったからね。
 ラテーヌのオークにバインドくらって一切動けずになぶり殺しにされたし・・・


■砂丘でPT組んで、戦闘終了後いつも一人で立ってたな・・・
□お前モンクだろ
 俺もそうだったからわかる

□サレコウベはきつかった。キャラ消してタル黒で作り直してマウラでボギー狩った方が早いとか言われてたし、うちのLSでも数人その手段に走ったよ・・・。
 逆にマウラでサポジョブクエ受けた前衛には人権なかったしな。
 「貴方はPTのために何の役に立てるんですか?」って言われてたモンクがいたけど、泣けたさ・・・

□あぁ、俺もよく一人無傷でつっ立ってたのを思い出したよ・・・。
 当時一緒にモンクやってたフレが戦士に転向していったのがすげぇショックでなー。
 その時思ったよ、俺はモンクを続けようって。
 サポ戦で挑発できた時、やっとPTの役に立てて嬉しかったなー。

□一時期モンクで流行った「挑発します!」とか言ってヒーリングするの笑えたよな。
□あったあった!!!!
 あれはモンク的には必死なマジの行為だったんだが、今思うと悲しくなるくらい笑えたw


■戦士で両手斧使ってたら、「やヴぁい戦士誘っちゃったよ」とLSごばくされた。
 そう、片手剣マンセーの時代でした。
□そういや不意打ち暗黒ラスリゾファストでZerkerに1000ダメでたなぁ
□そういやスキル30のクレイモア、平気で振ってたな。古墳で。


■82)ちっとも誘われなかった赤。
 白が代わりに誘われるの生きがいだった。
 ケアルで人助けしてって生きがい感じてた。
 1日中誘われない事がざらだったけ、別ジョブにメインを替えることなんか考えつかなかった。
 白が美味しいことに気がついた時は今更このレベルまで上げるのは時間が、、、などと思っていた。

 それがログインと同時にテルが貰える今。
 限界が超えれなくて断りつづけている・・・TT
 もったいない、もったいないよ。。。あの時代を過ごした自分にとって誘いを断るなんて恐ろしすぎる・・・
 メンテがあってから証取り>マート>証取り>マートしかしてねぇよ。
 フレ登録整理したら3分の1に減ったよ。
 けれど、亀鉱山で助けてもらって初めてフレ登録したフレが今もヴァナに残っているのが嬉しかっなぁ〜

□84)赤が誘われなかったのは性能ではなく、中の人g
□84よ時代が違う。
 ボンクラ時代を知っているなら、>82の気持ちは痛いほどわかる。
 それこそPTからは穴埋め要因扱いだったが、30くらいまでの中衛として活躍出来た時代が一番楽しかった。

 当時の俺らは人と遊べる事に喜びを見出していたんだyp!!

□ボンクラ時代はサポを戦士にしてソロでコツコツやっていました。
 だから他人がトレインしてきたモンスターに殺された時なんてめちゃめちゃ落ち込みましたよ。
□(・ω)人(ω・)
 今でこそサポ戦=垢なんて言われてるけど、当時ベストセレクトだと思ってたよ…。
 思えばジュノで「サポ白ない?」と言われた時に引退してれば良かった。
□黒白必須で詩人の歌が素で6ずつ回復し、そして赤にリフレとコンバがなかった時代。
 この時代を生き抜いた赤達のお陰で、今の垢はのうのうとリフれだるいとか言ってられるのだよ。

□ホントに赤は誘わなかったな・・スマンカッタ。

□真っ赤な俺は”当たらなければどうという事はない!”とサポシで回避装備を優先。 けっこう強かったっけな。
 当然誘われないがそれは赤だしな。諦め。

□発売当初か…あの頃は両手剣ヒャッホイがやりたくて戦士やってたっけな…。
 ロクに戦闘もできず何度も死にまくり、レベル10でジュノ到達、あまりの人気の無さにそのまま死デジョン。
 あの頃はPT構成なんて気にしなかったし、自由な構成だったな…。
 レベル20くらいの時、ブブリムで少人数PT作ってゴブを狩りまくってたし。

 これは発売当初ってほどでもないが、
 MGS魔法も存在せず、M10オズトロヤ城は2アラ近くの大勢で突撃したり…
 赤が当然のごとくサポ戦で連携したり…
 今思えば赤はあの頃が一番幸せだったかもしれない。

■連携〆は赤のサイクロンに限る、なんて時代もあったなぁ。
 そのあと冬の時代が・・
□モンクのいないPTで骨狩りは戦士がアース〆
 格闘特攻がないオークは赤orシ(サポ赤)のサイクロン〆だったな

□あったなあ〜 アース〆・・・
 ブラッククラウドもそんなに凶悪じゃなかったから、要塞地下の通路では白の漏れも骨殴ってたなあ
 奥からWraith連れて来て狩場にいた香具師全滅したこともあった。
 トラクタないから、レイズ不可能でHP戻ってたし・・・。要塞地下は思い出がいっぱい。
 Lv47になったナイトさんがナイトソード新しく装備して喜んでたなあ・・・

□50過ぎまで自分は前衛だと信じて疑わなかった赤ガル

■赤がそこまでボンクラ扱いされるのは発売当初じゃないよな
□一昨年の夏〜秋ぐらいじゃね?ジュノがロビーになり始めたころから。


■赤より悲惨だったのはシーフだろ。
□シーフは不意だまマンセー時代が早く訪れてたから赤よりは…
 でも、その頃が一番楽しかった。絶対に。
□まぁ、ギル入手出来ないわ、不意打ち激弱いわ、
 初期武器が短剣で、気づかずそれを延々とふるって、ある時入手した片手剣を装備したところ……
 なんじゃこりゃー  
 だったからな。
 サポアイテム取りの時だけ大人気。

□シーフのギルスティールが発動しない時は泣いたよね
 一番儲かるはずのシー不が一番儲からないんだもん

□漏れはブブでシャウトしてたシーフを迷うことなくPTに引き込んでましたよ…。
 あの時のPTが今でも一番楽しかったと思いまつ…(つω`)
 赤とシーフの組み合わせって、当時すげえセットだったかもなw


■開幕詩人は他に類を見ないボンクラだったわけだが
□シーフも詩人も開幕は酷かった・・
 詩人は歌が2曲重なるようになってから、
 シーフはサポ不意打ちが制限される、及び騙し追加くらいから花咲いた

□初期のピーアンヘイトはすさまじかった

□詩人やってて、セルビナで7時間誘われなかったときはリーダーしか生きる道はないと思ってた。
 それなのに最近は(つってもちょっと昔)
 詩人するときは/anonにしてからジョブチェンジしないとTell多くて、庭に出ることも出来なかったくらいの人気になった。
 赤もそうだけど、みんな手のひら返しすぎ・・・・。

□オニオンダガーを握り締めてグスタに飛び出たあの日。
 覚えたワスプスティングを使ってから暫く、wsとTPなんてものの存在を忘れていました。
 貰ったスパタでファスト使ったときの衝撃ったらなかったねぇ。
 レベル30に何とかなって、絶対詩人になってやると羊皮紙探してたなぁ。
 あの頃はレクイエムが普通に10秒歌わなきゃいけなくて
 敵に釣り用に使ったら発動する時にはどっか遠くに行ってて、効果なんて出なくて羊やらゴブやらよくリンクさせてたよ。
 ピーアン以外の唄のヘイトも激高で、「戦闘中は歌わないで^^;」なんてよく言われてたさ。
 唄の重ねがけなんて当然なかったし、スキルアップによる効果の増加なんてものもなかった。
 スレのレジがなかったり、レベル30以降は殆ど歌がなくてしかも高くてサポ詩人の方が全然良かったりね。

□詩人さん歌わなくていいよ^^;
 つらかった(´・ω・`)

□歌ったらタゲ固定できてたしね(;´д⊂

□ゴメン、詩人とPT組んだ時、
 「この人はいったい何をする人なんだろう」
 と真剣に思ってたよ(つД`)

□詩人が注目されるようになったのがバラード覚えてからだったよね?
 初めて詩人と組んだ時、20代だったと思うが「バラードしかありませんがよろしくです^^;」
 …バラードって何だよと心の奥底で思った。まさかMP回復の歌だとは知る由も無く。
 今その詩人はLv75。もう二度と組むこともないだろうなぁ。


■初期組からでやってる暗黒の方なら…分かるよな?
 あの…ひどい時代を…。
  。゚(゚´Д`゚)゚。
□6月中の暗黒は黒の次に神攻撃だったYO
□HPそのまんま加算されてしな。
 挑発1発でガッチリキープできてたから、暗黒短剣通常攻撃が異常な強さ。
□そんな短い期間を挙げられたら何も言えない。
  。゚(゚´Д`゚)゚。

■みんなサポ割れしまくってなかった?俺だけかな・・・
 戦士サポ白11で30まで上げたっけ(ノ∀`)
□俺 暗/シ 50/15 モ/シ 50/15で最強厨全開だったな
 同じPTに赤/詩とか白/シとか黒/シとか謎サポとか居た
 サポシは15、サポ黒は17、サポ白は11で皆とまってたな〜

■レタ>コン>レタが繋がると言い張るやつがいたな〜


■俺はテイマーになってやる!LV30になって転職だ
 操る→ミス
 リチャージ5分;;;;;
 クリティカル魅了切れ
 かえれはLV45だった時代

□初めて取った上位ジョブが獣で「これをメインにしよう!」と25まで上げた。
 操るの挑発効果がなくなって、PTで役に立てないと思い獣を捨てた、、、。
 あの頃あたりからもうやる気なくなってたかなぁ。

□レベル30代のときにモ/獣で普通に誘われてたな・・・
 今思えば完全なDQNだ・・・あのときのPTの人たちごめんなさい。

■初期ジョブ
 モシ赤はすげー弱くて仲良しだったよな・・・。
□発売からかなりの間シモ赤はボンクラ組みだったな
 詩獣狩も最初はやばかった

■スタンバグ;敵のWSをスタンで止めると(バッシュ等)まれに一切の攻撃をしてこなくなる

■ジョブバランスは無茶苦茶だったけど、面白かったよな
 ただ、あまりのも未調整のジョブ、獣や狩人や詩人は悲惨だったけどさ
 ナイトも暗黒もなんかシランけど強かったし
 ナイトと暗黒にこぞってジョブチェンジしていた奴等ばかり
 あの頃が一番面白かったよ
 みんな適当そう適当、前衛が−4レベル差あっても平気、アラ組んで8人ぐらいまでは経験値も美味しく頂けた
 バタのあの眠気を催すBGMを聞きながら朝までトラとゴブとオークをイジメていたのがすごい懐かしく一番の思い出
 それから、古墳に潜って、犬をいじめて後衛が病気貰うと少し休憩
 そしてここから骨骨ファンタジーが始まるんだよね


■いつからジョブ同士でいがみ合うようになったんだろう(´・ω・`)

□バインド最強時代の黒の態度があまりにも横柄だったから。
□初期黒   「肉壁は挑発でボギーの足止めしてれ俺様のファイアでカタつけてやる。あ、モンクは挑発できないからいらないよwww」
 中期モ   「黒さん、精霊利かないしMP無駄だから、ケアルだけよろwwwww」
 これから悪化の一途

□いつからと言うか、優遇(?)ジョブにキレタ一部の人たちじゃないのかな?
 そんな漏れは赤だった。当時は白に嫉妬してた・・・よ。
 6人目としてPTに入れてもらった直後の、「白さんイター」の会話後の重い沈黙・・・。
 漏れ:「ぬけますね・・・」
 リダ:「すいませんね〜。機会があったらまたよろ〜」
 3分後・・・
 リダ:「よかったら、また組みません?」「白さん他に決まってました」
 漏れ:「喜んでー」
 嬉しくも悲しくもあったあの頃。

■思えばあの頃は全種族がそれぞれ魅力だった。
 敢えて魔導師をするエルヴァーンや、
 前衛として敵に果敢に殴りかかるタルタルも、
 見る者に非常に活き活きとしたものを感じさせてくれた。

 それなのに今は…今は…。

アイテム・システム

■反魂樹の根を求めて
□レイズの効果があると信じられてたなw
□EXジョブが解禁されたとき1万ギルだったなぁ・・

■最初は競売がなかったなー
□無かったね。
 プロテアかけている人を見て感動してたなぁ。
 アレは凄い魔法に違いない!派手だし。と。
□競売できた時、桁設定が出来なくてしたい金額にするのが大変だったなぁ

■キャラを調べると、相手に通知が出ると知らなかったこと。
 そして、すれ違ったりしただけでも他人を調べまくってたこと。
 2ch、したらばを見るまでの間、間違いなくDQNプレイをしていたこと。
 何もかもが懐かスィ・・・

■貴重な金を使って合成してる奴を見て、馬鹿だと思っていたあの頃。
 そして負け組の俺。
□風クリ+骨クズで必死だった記憶がありゅよ

■飛空挺から見える地平線が世界の終端だと気が付いた。
□地図とインスニ入手で、なんかもう、どこでも同じ世界に感じた。

□レベル50キャップの頃の修道奥地なんて、未知の世界だったよな
 便利になるのは良いんだが、インスニの実装で世界が狭くなった
 オイルとパウダーあればレベル1キャラでも何処までも行ける世界
 そんな世界に「冒険」など存在するのだろうか?

■ジョブチェンジのハイポリミスラはエロかった
□ジョブチェンジ時のハイポリが削除されたのって動作が不安定になるからじゃないの?
 そのままブラックアウトとか何度もあったし。

■シルバーモグベルト・・・・捨てられない;;

■今だから晒すが発売当時はツェルーンの蟹が蟹の甲羅落としてそれが店売り2500Gだったな・・・
□サンドは魚の鱗で600、バスはカニで800、ウィンはゴブで1400。
 とにかく乱獲でLSパールを買おうと必死だったな
□ウィンでもカニで陸カニの甲殻取れたよ。漏れもパールの資金集めてたw
 ゴブは毛織物だったね。
 いつから甲殻や毛織物落とさなくなったんだろ。□が隠し修正入れたのも気付かなかったな・・・
□サンドのシャル貝と同時期にみんな修正されたんじゃない?

□金になるものはことごとく潰されていったもんな。
 クフィム巨人が1000G以上落としてたことや、銀の髪かざりの店売り大黒字、
 パルブロ鉱山でのミスリルマラソン・・・
 最近のタイタンマラソンや人参汁ブームなんて可愛いもんだと思えるくらい凶悪だった。
 あの頃で、先行廃人と一般人の経済格差が決定的になったなー

■まだ昔は敵の名前の色がPCと同じだったんだよなw
 てっきりShadeさんって人かと思って、近づいたらヌッ殺されてなんで?と思った。

サンドリア〜セルビナ

■初めて見たラテーヌはホント広かった。
 地図あったけどスケールが半端じゃねぇ!!なんて思ったなぁ。
 崖見た時なんか落ちて戻れないんじゃないかとか考えてたな。
 試しに突っ込んだら案の定キャラがガクブルするだくだったが。
 ランペールにこもってスケイル防具取ってたなぁ。
 サンドにはハーネス系しか無くてスケイルは結構売れた覚えがある。
 そんな俺は今や引退者。 (´・∀・`)

□初めてのラテーヌでデカ羊二匹に追われて死んだっけ・・・
 周りにいた人もレベルが低かったので助けてもらえなかった・・・

■初めはレベル上げもそこそこに他の国に行こうとしてたね。
 フレに「サンドに行ってくるから何日か留守にする」って話して長旅気分。
 バスを出発して、幸運の積み重ねでついにロンフォに来れた時は、
 「サンドリア来たぞーーーーーーーーー!!!!!」って叫んだね。
 その記憶が強くて、今でもロンフォの曲は何とも言えない気分になる。

 このスレ読んで思ったけど、なんだかんだ言ってみんなFF愛してるなぁ。

■西ロンフォールの南にいるガードの所で待ち合わせてラテや砂丘によくいったなぁ
 スパタがほしくて反魂樹の根を取りに墓のお化けを深夜によくいって取り合いしてたな
 あとは、バス出身の奴がサンドにきてた時は外人ぐらい珍しく見えた
 ラテのデカ羊がしょっちゅうロンフォール前の入り口にきてて  
 ガクガクブルブルしてた日々が懐かしい

■バスヒュムだったんだけど雨のラテ抜けて初めてロンフォ入った時はあのBGMに感動したよ。
 サンドはエルばっかりでなんだか怖い雰囲気だったなー。

■砂丘でわざわざソロやってる自分がかっこいいと思ってた(((゚Д゚)))
□クエ修正前にリザードジャーキンをゲットしてセルビナを闊歩してた頃が懐かしい。
□リザードジャーキンが2万で売れたあの頃

■shout:昼間ゴブ狩ってない人はグール取らないで下さい!

■最初に砂丘着いた時、雪だと思ったの俺だけ?
□ノ
 LSで「雪!」つったら「それ砂」って言われたなぁ(ノω`)
□タロンギは雪だと思った
□白すぎて方角と人の名前が読めなかったな

■まぁ漏れも1年前に解約した口なんだが
 プチ先行組みだった当初はセルビナに着いたはいいが誰もいなく
 うっかりHPにしてしまいサンドリアに帰れなくなった事があったな…

■発売当時か……βから移行した漏れを含む数名は、βのサンドのにぎわいが好きで迷うことなくサンドを出発国に選んだ。
 そして東ロンフォで取り合いの魚を狩って、シャル貝を売った金を出し合ってLSを買った。
 ラテで大羊に瞬殺され、砂丘でボギーに倒され、出やしないサレコウベにいらついた。
 サンドミッション救助訓練でダボイに特攻。オークに見つかり3度ほどやり直した。
 Lv12でジュノを目指すもジャグナーで虎に阻まれ、Lv1シーフで特攻した。
 そしてついたジュノをサーチすると10人もいなかった。
 上層の橋の上でそこにいた人と、ジュノ特攻の話で盛り上がったあの頃……。
 今から思えば、この頃が一番楽しかったな。

□なつかしいなー
 自分も発売日組だが、フレンドリストの内一人の所在が Low Jeuno と
 なってたのを発見して、ジュノ行き先を越されたーと焦ってたのが思い出された。
 「ジュノにはモグハウスあるの?」とかtellで聞いてたもんだ。
 あの頃は世界が広かった・・・

■ボギーがかなり怖かった
 ああいう存在を欲しい
 砂丘時代はどんなpt構成でもやれたし楽しかったナァ…

□夜の海岸。
 みながボギーを囲み睨みつける。
 誰かに反応したボギーがファイガを唱え始め、
 クモの子を散らすように逃げる事を繰り返してたあの頃・・・・

□隠し海岸から逃げてきたPTみてたらボギー・骨・蝙蝠・ゴブのトレインになってて
 百鬼夜行を思い出した

□サポアイテム取りのためボギー狙ってたら、誰かが海岸のタコヤキ殴って大リンク。
 樽がバタバタ死んでいったのが印象深いw
 (今はシランが初期はアライアンス組んでボギー潰ししていた為)

□PTメンバーがちょっかいだしたら地の果てまで追いかけてきたな

□あー、そうだったね。しかもチョコボ乗ってても追いかけて来たな。攻撃もくらったし。
 ゲルスバとか最悪だった・・・離れてても一人がトレイン発生させたら
 それがそのままこっちへ来るクソ仕様だったな。しかも途中で増員しつつ。正直バグだと思ってた。
□ソロムグをチョコボで突破したら悲惨なことになったなwww

□セルビナ入り口でゴブが10体近く硬直してたな


■50キャップ、自分が砂丘にいる頃、トレイン掃除をしているLv50の廃人さんの姿がかっこよかった。そして目標になった。
 50Lv連邦軍師を着たとき、達成感があった。

 75キャップ、75Lvの人を見て、かっこよく映るか?
 75Lvになった時、達成感があるか?

■スライムオイルがレア品だった時 あれがないとデジョンとフェインの地図もらえないからけっこう持ってると(*´∀`*)ムフーッ だったな
 あの近くのボムがフレイムデーゲン落すし 高値で売れたし 
 近くのモルボルガーがつるおとすのはこれなににつかうの?状態
 とにかくオルデールの最奥部は廃人しか知らない聖地だった


■ラテーヌの先にバルクルムと言うエリアがあるらしい
 そこには街があって、船に乗る事が出来るんだってー

 フレと二人で旅立った初めての砂丘、砂の白さに雪かと思った
 初めて見たトンボ、激しく強いゴブリンの隙間を抜けてセルビナに着いた
 初の汽船航路、そしてマウラという街に着いた、街の入り口は通れないほどの人だかり
 夜はアライアンス、衣を巡る激しい戦い、夜が明ければパーティー、二人分揃うまで
 二人のホームポイントはマウラだった、サポ取りも終わりレベルを上げEXジョブも取り
 楽しい日々がリアル一年続いたある日、そのフレはヴァナを去った。
 
 叶うなら、もう一度だけチャットがしたい、ただ元気だとだけでも伝えたい。

バストゥーク〜セルビナ

■バスでさ、釣りしてる奴が滅茶苦茶うらやましかった。
 釣り竿を競売で購入して、餌が無い・・・
 で、釣りしてる奴が買いに行くまでじっと見てて、後を付けてったっけ。
 聞けばよかったんだよなぁ(ノ∀`)

■バス国民だったんで、コンクエストでコンシュを奪い取るまで、LV上げ等色々大変だった記憶がある。
 ガードの位置も最初はコンシュから遠かったような。

■ちょっとグスタで蜂を狩ってはモグハに逃げ込み
 ヒーリングの意味がよくわからなかった

■漏れが最初、戦士でバスからスタートしてソロでやってた頃、
 コンシュでトカゲ刈ってて、よく毒で死んだなぁ。
 トカゲ倒しても毒くらってて残りHPを見ながら、あぁ毒よ消えてくれ〜T_Tみたいなw
 そのころ動き回るよりじっとしていたほうが毒の回復も早いと思っていて棒立ち状態w
 死んだらHPバスだったので、またコンシュまで歩くのが辛かった記憶がある。。
 それからHPはコンシュ入る手前のグスタに設定したっけなぁ・・懐かしい。。

■初期も初期、北グスタの橋の上。
 天晶堂クエでどうしても亜鉛鉱がほしかった俺は、北グスタをうろうろしていた
 そして橋にさしかかったところで、sayが。
 「釣りいいなぁ、私もしたい」みたいな感じだった。
 そこで俺は、「俺釣竿持ってるんだけど、もし亜鉛鉱持ってたら交換しないかい?」
 見事交渉成立し、俺は亜鉛鉱ゲット、相手は釣竿ゲットでほくほくだった。

 今じゃ道端でのトレードなんてありえねー光景だなー

■鉱山の亀退治が一番面白かったな。
 やっと、狩場(このころ狩場って言葉もなかったな)に到着したと思ったら、
 他PTの亀大リンクで亀に襲われ死亡。
 で、HPにもどって一からやり直しの繰り返し。
 そのため鉱山から歩いて帰った記憶が無い。
 まあ、初めてのネットゲームで、何やっても楽しくてしょうがなかったけどね。
□ミスリルマラソンなんてのもあったね。
□合い言葉は 『鉄格子には近付くな!』

■亀鉱山怖かったなー。
 バス港のモールクエなんて戦士の俺には一生縁の無いクエだと思ってたな。
 砂丘の白い砂が連日睡眠不足の目に痛かった。
 LSアラでジャグナーのツリーに突っ込んで全滅したっけ。
 雨の沼をメタルギア走破しジュノ先行組がロランの端まで迎えに来てくれた時は嬉しかった。
 ジュノ拠点でちょいと飽き気味、釣りばっかしてた。

 今は時々ログインするくらい。
 3国近辺で低レベルジョブ上げながら、外国人や新規の人とケアル、プロテス掛けあいのんびりやってます。

■バスの奴は始めの人形集めで、コケてる奴が多かったなぁ
 人形一個1000〜なんて当たり前の世界だったな
 まぁ俺もバスだったわけだが・・・
 しかも、買っちゃったワケダガ・・・・・・・・・・・

■スパタ求めてウィンからバスにいったな〜

■こないだ久々にバス行くと誰もいなくてビビった。
 モグ貫通してから港と鉱山しか行ってなかったからな

■レベル10位のときにフレと一緒にクレイモア買うために
 バスからサンドまでひぃひぃ言いながら歩いて行った
 あのころはすごい冒険をしたような気分だったなぁ

□他国からきたやつがその国のクエでもらった装備品とか見てすげーとかおもってた
□そうそうクレイモア!あれかっこよかったな〜
□バス民はクレイモアに憧れ、 サンド民はスケイルメイルに憧れた

■当時バスではレアだった白で開始。
 周りはサクサク狩ってるのに戦っては死に戦っては死にの連続。
 見た目が同じなら強さも同じだと信じて疑わなかった。
 初めて組んだ戦士の挑発が神に見え、その背中が大きく感じた。
 そして鉱山で何度も亀列車に轢かれグスタに監禁生活。
 経験値18程度の敵をいっぱいいっぱいになりながら11まで上げた苦行の末、
 ようやく手に入るはずだったケアル2は
 すでに始まっていたバス万年最下位時代の到来により果たせず。

 初めて乗った船に感激しつつ着いたマウラは賑やかな街だった。
 レベル11にしてサポジョブクエを受けたものの、ボギー様の強烈な強さの前に困難を極めた。
 PTに誘われることは多かったが、サポゲットした奴ばかりでボギーと戦う事事態少なくなり、
 レベルばかり上がってしまうのが嫌で、ここで初めてPTの誘いを断る事をした。

 もう1年半も前なのにこの辺りまでの事は今でも強烈に覚えている。
 ジュノを拠点にするようになってから何かが変わってしまった。
 チョコボに乗れるようになってから世界が狭く感じるようになった。

■俺バス出身。
 バス商業区→今の下層以上の人間がいた。
 グスタ山頂上→絶対ボスがいると思って色々調べた。
 砂丘→最初雪だと思った。横にいたガル(サブリカ)に「さむそうですね〜」と言ってしまった。
 ジュノ→この世界の中心になる町になるとは思わなかった。
 ジュノ以上にデカく発展してて低Lvでも行けて楽しい町作ってくれ。

□ラバオとかあの辺適正のレベルのヤシが溜まるか?と思ったら結局ジュノでたむろってるしなぁ・・・

■俺と一緒にFFを始めたお前。
 「電波と組んで粘着されるの嫌だからPTには入らない」といって、俺とペアしかしなかったお前。
 「ウィンもサンドも行く必要が無い」といって、誘ってもバス以外の街に行こうとしなかったお前。
 「クエストはやるだけ無駄だから」といってやらなかったお前。
 「このゲーム、やることねーし、つまんねぇ」といってやめたお前。
 
 今のヴァナを見たらお前は俺になんてゆうんだろう?

■バス出身
 砂丘に並んでレベル上げのメッカだった谷
 なんで今は人いないんだろ…
 サポ無しレベル12〜14ぐらいのアラで奥のリーチャーとかやってたなあ

 灯台のキュスカニクエやるのに順番待ちしてた

 街で一日に3回は聞くシャウトは
 「砂丘でサポ取りしませんか?」
 「クレイモアは何処に売っていますか?」
 「蜂の巣のかけらを売って下さい!幾らでも買います!」

 セルビナ、マウラ行けば始めて海を渡ってきた人の為に
 サンド、バス行き。ウィン行きのツアーシャウトが聞こえたよねえ

 連携は切断>溶解>核熱〆しか無いと思ってた


■やっぱ未知の世界がある時のわくわく感に勝るものはないね
 最初にコンシュ行った時は感動したね
 雄大でキレイで風の匂いがした

□大羊が近づいてきた時のコントローラーのブルブルにかなりビビってたな〜
□いいですよね最初の頃の冒険してるという雰囲気
 スマソ…もう引退しちゃったんだよ…(ノД`)
 あの頃の情熱が残ってたら楽しかったろうなぁ…。
 PT組んだ人に「HP掲載していいかな^^;?」なんて許可取りつつやってたよ。
 そこからフレとかに発展してさ…はぁ。

□私も引退してるんだけど思い出すのはなぜか風景と開始当初の初々しいプレイヤー達の姿 。
 今考えると戦闘とかは苦痛だったんだな〜と思います
 競争してるような雰囲気の世界についていけなくなっていた自分がいました

□だよなぁ。
 表情無いのになんか笑顔とかが浮かんでくるんだよな…。
 レベル上げよりLSでミッションやったりしたときのみんなの「歓声」。
 それが思い出になっただけでも十分楽しかった。

 あんなに楽しかったのに戻りたくないのは何故だろう(´・ω・)


■谷を抜けてコンシュの開けたとこに出たとたんにブッチャーにからまれた(つよ)
 「うおぉぉ〜!?」って慌ててグスタ方向に逃げ。
 お、前にヒーリングしてるタルが! そこの人たすけ・・・
 ・・・なぜ、立ち上がって猛スピードで俺から遠ざかろうとしますカ?(´Д⊂
 俺のこの「タスkt」って想いは届きませんか?
 前を走るタルを見ながら「あーこのダメージだとあと3発で俺は死ぬなー」と冷静に考えてマスタ。


■プレイ初日、初めて見た南グスタの赤い満月がなぜかとても恐ろしく感じて、モグに逃げ込んでログアウトしました。
□赤い満月をみながらガルカンソーセージを焼け

■夕日に染まる南グスタの空を見てガキの頃、 夕方まで遊び回ってた自分を思い出したよ。
 あの頃は本当に童心に戻れたというか、 久しぶりにドキドキしてたね。

■サポ上げ野良4人衆、コンシュにて。
 武人、とてとてに挑みかかる勢いにて候。
 従者失格たる一同、「ならぬならぬ」「正気たれ」「不相応なり」など申したまうが、聞かず。
 武人曰く「案ずるな、我、マイティストライクを有す」
 一同、コンシュの塵と化し候。

■グスゲン鉱山に入り口からグールがいた時代。
 そして、グスゲンのグールはサレコウベを落とさず、それをまだ誰も知らなかった時代。

 黒のバインドは修正されたものの、他の魔法は相変わらずレジ無し。
 やっとの思いで亀鉱山での人形集めが終わった俺は、バス商業区でシャウトしまくり、
 連日12〜18人のアラでグスゲン鉱山に向かった。
 前衛は2・3発殴られると危険なので、挑発無い人から殴って必死にタゲ回しして貰ってた。
 後衛は回復を考えず、グールにファイアやケアル2をかけまくって瞬殺してた。
 1戦30秒足らずで終わり、18人アラでも経験値50くらい貰えた記憶がある。

 楽しかった。いろんな人がいた。結局サレコウベは1つも出なかったけど。
 そのときに知り合った人たちと、ガルカンソーセージを焼いているとき、釣りをしているとき、ジュノ上層HP前ですれ違ったとき…。
 再会した僕たちの間には、確かに「絆」が存在していました。


ウィンダス〜ブブリム

■ログインして、ウィンダスで迷子になり、
 外に出て、マンドラ叩いてレベル上げ、
 遠くに行きすぎて、ヤグに屠られHPへ。

 あの時のドキドキはいったいどこへ。

■満月の夜
 ウィンダス水の区で釣りをしていたタルと風景が心に焼き付いてる。
 すごい幻想的な風景に思えたよ。

■ウィンダス石の区・天の塔。
 初めて塔内に入った時、こりゃ凄いと思った。
 そのまま30分ほど塔の中うろうろ歩き回ってた。

■よくウィンダスで道に迷ってたよ。
 あと、レベル10程度でサポジョブを取ろうとしてたな。アラを組んでボギーの取り合い。
□サポとりあつかったなマウラでボギーにアラで突っ込んだ
□ブブリムでボギーの取り合いしてた頃は連携なんか知らなかった。
 ボギーを取ったPTの回りが人で埋め尽くされて、全滅するの待ってた時が懐かしい。


■ウィンで始めた発売日組でβはしなかったMMO初心者の俺
 ウィンを選んだ理由はただ、魔法都市って触れ込みに惚れたから
 そのくせ、リングとかは知らずにヒュムでモンクを選んでわけわからないながらも
 外に出る事が出来ずに初日は水の区かどっかの路のまん中で落ちたんだよな
 使えるアビリティに唯一あった百烈拳を町中で使って

 初めてサルタバルタに出てきた時は敵の名前がアルファベット表記なのにも驚いたし
 襲って来る魚の居る所まで行くのにとんでもない遠出をしてるような気がして
 どきどきしっぱなしだったなぁ
 タロンギが未知のエリアで、道が無いからどう進んでいいかもわからなくて
 え?あの坂になってる山も登れるの!?って感じだった

 攻撃当たらないからサポがつけられるようになったらシーフをつけて
 どっちの攻撃も当たらない謎生物になってるやるって思ってた
 レベル一桁の頃、今日はどこまで行けるんだろうと地図も無くソロムグに紛れ込んで、
 きっと、ここまでウィンダスから離れたらもうすぐサンドリアだ
 (当時、何故かウィンダスの北の方にサンドがあると思い込んでた)

 帰り道がわからなくなってて誰にも会え無いまま寂しく思ってた頃に
 ラプトルに見つかって2撃で昇天
 ウィンダス口の院の隣のHPに帰って来れた時は町の人の多さに嬉しくなったなぁ
 装備が無くて、1人でサブリガにローブをしてたら知らない人からズボン売ってあげましょうか?って
 変に注目されて恥ずかしくなったりもしたっけね

 タロンギカクタス取りに行きませんか〜?ってシャウトしてた人に着いてって
 クエも受けて無いのにPT入れてもらって初のアラ
 しかも、アラを超える人数が来てて結局20人くらいでSayで会話しながらタロンギに向かったんだよね
 始めてのPT、しかも大人数での行動でなにがなんだかわからないのに楽しかった

 最近モンクも65になり、その時にシャウトしてた人とPTを組めて、
 覚えていてくれた事に凄い感動したな〜
 お互いに1年以上PTを組む事も話す事も無かったのに覚えててくれて
 モンクやっててやさぐれてた時期もあったけど
 俺は、まだまだ続けていくんだろうなぁ
 リアルで会うとかは考えた事も無いけど、いつか会って酒を酌み交わしたいよ


■ウィン出身のワタクシは、やっぱ10台中盤はブブリムで生活してたが、
 11〜16とかの2PTアラで魚とかがんがん狩ってた頃、楽しかったなぁ・・・。
  「いーれーてー」
  「おし、どんとこーい!」
  「よろー!」
 みたいな、気軽に遊べたあの頃・・・。
 楽しかったなぁ・・・・(;´д⊂)

■エル赤レベル11でサンドからウィンダスに渡り
 14になった時にケアル2攻撃要因としてボギー狩りに徴兵された。
 そして一晩中ボギを狩り翌朝めでたく衣ゲット。
 会社は休んだ。
 サレコウベ組みだったらもう2日くらい休むことになってたかもしれん

■サポクエと言えば、マウラ組モンクの悲惨さには同情したね。
 ここで気づくべきだったかも。

■マウラがジュノ下層並に混んでたな。
 入り口でゴブトレインを処理するのが楽しかった。
 たまにボギーを連れてくる人がいて大騒ぎになったっけ。

■レベル一桁でサポ取り手伝わされたのが懐かしい…

■サポ黒のバインドも余裕でレジ無し長時間持ったから、
 白14/黒7でブブでソロ200ウマーってしてた。

■初めて6人パーティ組んだ時は既にレベル18になってた・・・・
 サポートジョブクエストがセルビナでも受けられるとは知らずビクビクしながらボギーに大勢で突撃したもんだ

■最初の頃はみんな船でタコに惨殺されてたな
 港に着くと死体が大量にうちあげられるw

ジュノ〜ジュノ近接エリア

■ウィンから、シーフLV1でソロムグを越えて、初めてジュノに着いたとき、
 ブブリムでフレになった人たち全員に、 テルしたな。

■セルビナが物凄く重かったね、人が多すぎて
 シャウトもひっきりなしに飛び交って、活気に溢れていた
 ジュノ着いた時もみんなが着いた時期と重なったからここも人が多くて重かった
 当時は上層がパーティ募集の場だったね
 競売は動いてなかったし飛空挺に乗れる人もほとんどいなかったから、庭・下層・港はほぼ無人だった
 バタリアからジュノ上層に入った時の人の山は今でも忘れない

■はじめてバスからジュノにわたる時は緊張したなぁ 
 バシュハウ沼なんてはじめて入ったし、昔は無知だったから
 薄暗いし、どの敵が襲ってきてどの敵が安全かなんて分からなかったからビビリながら走ってたよ
 やっと沼を抜ける寸前まで行った時、沼出口にたたずむバスのガルカのガードを思わず
 SSにとったんだけど、それがまたいい出来で・・・ インスコし直して今じゃもう無いけどね
 そしてその後沼抜けた後の、ロランのまったりなBGMに癒されながらジュノに着いたときは感動だった

■ジュノの天晶堂探すのに苦労した

■ナイト取得クエ手伝ったら必ず死者が出てたな・・・

■デルクフの鍵も、最初って一匹で1個しかでなかったよな。
 ナイトクエも生きてかえってこれれば自慢になったしなw

■記憶にあるのが古墳の中で前衛の釣ってくる虎をみんなで待ってることかな
 あのあたりから、、おかしくなっていった・・・

□とらを待っていた頃は既に発売当初では無いような…
 ジュノ直後は何故か上層の橋の所が混んでいたんだよな。
 で、狩場はゲイザーかクロウラーの巣の球根。
 Lv20でゲイザー狩りに行った記憶が。
□レベル20でロランのゴブとかだよね。
 爆弾来てケアルガしてもタゲ来なかったな・・・

■古墳、骨時代が一番フレ登録した時期だったかな。
 あの頃のフレは半数くらいが辞め、残りのほとんどはどこかのHNMLSに所属。
 未だにレベル60の俺はちょっと寂しい。
 まあ、これは俺のプレイの仕方に問題があるんだけど。
 レベル60以降のレベルが上げやすくなるのを期待しつつ、今はあんまりログインしてない。

■ジュノに行くまでは強さとかあまりこだわりすぎず、
 みんな幸せそうに輝いていた。
□ジュノ行くまではみんな輝いてたねぇ。
 あの頃ホント楽しかったのに…。

 全額叩いて買たクレイモア 3000ギル
 いつか着たいと思っていたミスリルブレスト 100,000ギル
 皆で闇の王を倒した喜び Priceless

■よくMMOが本当に面白いのは最初の1年だと聞くが、
 ・・まさに。
 混沌としたシステムの解明と未開の地を冒険することこそがMMORPGの醍醐味であり。
 今はただ・・ジュノと狩場を往復するだけの余生を送る・・

□母国サンドから眺めていた飛空艇は別次元の香具師が乗るものだと思っていた
 漏れの限界はいつかチョコボに乗れるぐらいだろうと思っていた
 そんな漏れも闇王を倒し、LV60になってAFが全部そろった
 うむ・・・そろそろ解約ではなくPOLを脱会するか

■たしかに。 ジュノに人が密集し始めてからギスギスし出した。
 みんなこの後、他の町に旅立つことを信じ、しかしもしかしたらここが終点かもしれない・・
 いや、マップ見たらもう行く場所氷河くらいしか残ってないし明らかに終点の町じゃという不安が・・
 実際終点だったわけだけど

■ジュノがロビー化して、毎日LVageのために何十分もかけてPTを作って
 いつの間にか楽しむという思考が無くなった希ガスる・・・。
□あれが嫌でLV上げ以外の事をする時は周辺国を拠点にうろついてるわけだが・・・
 よく考えたら、そのせいでますますジュノがレベル上げ目的だけの町になってる気も・・・

■なぁ…ひとつ教えてくれ…。
 <ザルカバード地方>フェ・イン
 初めてリージョン情報でこの名前を見たとき俺は町かと思ってた…。
 皆の中でそんな感じの人いる?

□俺も疑心暗鬼ながら、期待はしていた・・
□バルドニアを街だと思ってたな。
 王の間とかどんな王様がいるんだろうと思ってたもんだ。
 あと峠ももっとこう山道みたいなものを期待してたんだけど・・・・・・。

□まだ行ったことのない北の地に新たな街があると信じてた時代があったよ。
 リージョン情報で見られる「フェ・イン」目指して、
 まだレベル2,30代LSのみんなでラングモント峠を越えて冒険したよ・・・。

 フェ・インと思しき建物に到着していざエリアチェンジしたらダンジョンだったと分かって、虚脱感に襲われたのを覚えてる。
 みんなで死にデジョンしたさ

■それよりなんちゃらの闘技場とかってあったじゃん。
 俺はローマのコロッセウムみたいな場所を期待してた。ここで敵と戦うのか!?と
 フェインの薄暗い中にあるとは・・しかも微妙
 その上実際戦うのは狭いBC内。(ノ∀`)タハー

□良かった…同士が居た……。もし居なかったらどうしようかと思ってたよ(´・ω・`)
 ク・ビアの闘技場は密かに「あそこに行けばPvPもできるのではなかろうか」…なんて思ってたし。
 そんな夢を見ていた頃が一番FFが輝いてたように思う。

■峠のTaisaiにはよく騙されたものです。
□やっぱβテスターだったやつにとってラングモント峠の先はまさに神秘の場所だったよな!?
 あの先はどうなってるんだろうと思ってレベル上げしたもんだ(*´∀`*)ムフーッ

□ほんと峠なつかしいな・・・。
 人すげー多かったけど、あれはあれで良かった。
 もう一度ああいう場所作ってほしいけど、もう無理だろうな。
 かまぁ俺はβやってないんだけどなw

□初めて峠に突撃した時はギャンブラーのエアロガ+蝙蝠の打撃で沈んだ
 50人くらいでバラバラに突撃すれば抜けられたのかな

■昔はジュノ周辺にいた少人数PTを掻き集めて
 13人ぐらいのアラ作ってロランの亀やドーモ君なんかを殴ったりもしてたなぁ
 大して経験値は入らなかったけど、視界に入るモンスは片っ端からボコ殴りしながら
 ロランのジュノ入り口からパシュハウ入り口までを行ったり来たりの大移動で楽しかった
 1人anonな奴が混じってて、なぜか装備もスケイルっぽいし
 おや?と思ってanon解いてもらったら、Lv11サポ無し戦士だったり・・・

□そうそう、当時は「ああ、これがMMOっていうもんか」と思ってた。
 その場で声かけて人数集めて大人数でわいわい言いながら狩りに行ってたよなあ・・・
 とりあえずアラでレベル上げできるようになったらそれだけでも楽しい。
 パーティボーナス廃止しやがれこのやろう。


■俺はもう引退者だが
 ズヴァール城特攻イベントが面白かったよ。
 オーロラ、デーモン大リンク、などスクリーンショットとりまくった
 インスニなどなかった時代だからな。まさに特攻だった

□インスニ無かった頃って、ああいう奥地に行くのが、行くだけでとんでもない大イベントだったよな。
 デジョン2クエでも何度も何度も死んだもんなあ。
 かといって今更なくすわけにもいかないだろうし。なくしたら後続大変だろうしな。
 高レベル用ダンジョンはインスニ(もちろん薬も)効果無しってことにすればいいのでは。
 イフ釜みたいなボムだらけのところはどうするか・・・・わからんが。
 大体ボムが爆発したら高確率で即死っていうのがそもそもおかしいわけだから、
 バファイラかかってたら少なくとも即死はしないとか、ボム用の防具等を新しく作るか、
 ボム自体の爆発力修正すればいいと思う。

□リンクしたら逃げようがないし
 ソロだと一部ジョブを除いて楽に絡まれただけで死ねる今の仕様じゃなくすのは無理だろ

□だからソロでは高レベルダンジョンには行かないってことでは。
 インスニ無かった頃はアラ組んで行くのが楽しかったって話してんじゃないの?


■闇王 カムラなど倒したときの達成感は初期引退者には味わえないよ

□今達成感味わえる何かって、 M9-2のBC、AA、エルドくらいなんだろうなぁ。
 9-2のBCなんかは野良でやるなら普通は全員未経験者だし。
 国が違うと手伝えないからねぇ。
 野良で6〜7回戦った末なんとか倒したときは久しぶりに感動したよ。
 攻略法が出てるとはいえ、そのときのPT構成に応じて作戦考えたりとか、
 試行錯誤して目標達成するとやっぱ感動があるもんだ。

□55時代の闇王が一番盛り上がったなぁ。
 最初のボスっぽいキャラだったし音楽もよかった。
 カムラやエルドもやったけど闇王の時ほど興奮や緊張がなかった。
 俺的には55で闇王倒せばそれで十分なゲームだったと思う・・・。

■初心に戻って外人と一緒にプレイすると楽しいかも。
 レベル上げやギル稼ぎを考えずに。

TOPへ戻る


04.8.16  【山串落とした】昔を語るスレ【ジョブチェン空間】 より

今は無き昔を懐かしんで語れ

前衛A「山串落とした;;」
前衛B「あわてて食べるから....」

〜 ジョブ&戦闘 〜

■狩:やばい、こうなったら奥の手だ!!
 ナイフ(10)

■黒さん精霊スキル上げてないでケアルしてください^^;

■うはっっっっwこのPT暗黒いるぞっっっっっw
□初期暗黒は神だったわけだが
□まさに暗黒時代ですな
□サービス開始前、暗黒騎士になるには、戦士と黒魔のレベルを上げなければいけないと思っていた


■黒のアース〆、赤のサイクロン〆
 すごい時代だったな。

■精霊魔法も弱体魔法も「レジ」が存在しなかった
 どんな格上相手に撃っても100%通った
 まさに黒魔最強時代
 黒2人いれば狩れない敵はいなかった

□当時の黒魔はヤヴァかったねぇー。
 自分黒魔で一番最初にフレになったのが、、戦士、シーフ、黒。
 この4人と当時余ってた白入れて今で言う普通以上の狩りが出来てた。
 戦士の挑発後は何してもほとんどタゲこないから聖霊撃ち放題。
 2人で交互にバインドすれば誰も傷つくことなく狩れてたしw
 ボギ狩りも黒が2人のPTだから、入れてくれテル殺到。
 そのテルほとんどモンク、赤だったなー。

□そういえば昔の挑発は強力だったな
 戦闘に緊張感を持たせるとかいって大幅弱体されたが
 大きなお世話って感じだな

■MPなくなりました。次の白さん交代お願いします。
 白2が普通だったな。ケアルヘイト今より全然低かったし。

□白2人で交代で回復とかやってなー。今でもやるのかな?

□昔は白サポシでレベル上げしてたな。両手棍で不意打ちしつつ回復w
 タゲとったりもしたが普通に楽しかった、もちろん今みたいにサポなんかで叩かれなかったしな
 白のサポは黒以外ありえね、後衛は殴るな、とかの風潮が広まって白はやめたよ


■シーモンク(シ/モ)最強伝説

■まだサポシの不意打ちDEX修正があった時だな
□本当の初期は不意打ちにDEX修正なぞ無く、ただのクリティカルだったんだが。
□しかも必中じゃなかった
□てか、鬼門があったよなぁ、不意打ちに。
 位置取りで騒いだもんだ。

□鬼門ネタも騙し追加されてからじゃなかったっけか。
 初期の不意打ちは5分アビで必中では無く、ただのクリティカルという最強の糞アビ。
 しかもギルスティール覚えると敵がギルを落とさなくなるというバグまであった。

□意味なし不意打ち>DEX補正追加>鬼門修正>サポシ弱体(DEX補正なしに)>サポシ弱体(必中が初段のみに)=騙し実装>サポ騙し弱体>横ダマ修正
 ・鬼門修正は結構早い
 ・サポシ弱体とだまし実装は同じ日


■A:ペンタ行きます
 ↓
 B:ペンタ行きます
 ↓
 C:ペンタ行きます
  以下エンドレス


■敵に殴られる事でTPを溜めていたな。1回攻撃食らうと10TP上昇だったっけ。
 手打ちでTP報告して(マクロはまだ無かった)一番TP低い奴が挑発でタゲ取ってた。
 セラフストライク>レタス>サイクロンの連携が好きだったなあ・・・。もう絶対見る事無いだろうが。


■ナナモ白白黒で骨狩り最強w。セラレタ乱最強www。ケアルするナイトはいなかったなー

□セラブレ80>レタス80・連携ダメ40>不意打ち乱撃1000・連携ダメ1500ドガーン
 ホーリーMB×4ドキューン、って時代やったのう
 あの頃のホーリーはまさに神魔法だった・・・。


■何故か赤よりMPが多いナ、暗
 何故か戦士と同じHPのナ、暗
 スキルB、格闘EXなし、モンクと同じ格闘装備、MAバグで
 フルアーマーモンクとして猛威を振るった戦/モ
 短剣片手棍片手剣しか装備できないから
 詩人並の攻撃力しかなかった不意打ち丸くわれシーフ
 すべてが懐かしい

■まだ誰も詩人なんぞやってなく、歌を覚えるごとにどんな歌なのか聞かれた時代。
 もはやネタジョブでしかなく、「詩人さんが珍しかったから^^」って人がいなければ24時間ピーアンマラソンしてた時代。
 レクイエムが10秒、重ねがけなし、超激高ヘイトにより千と宇宙歌えない、今の店売りの2倍の歌たち、殴られれば中断
 スレなし、ララバイなし、MP増強装備もないから、サポシで連携参加、主要歌がレベル25以下で全部覚えられ
 スキルによる効果の増減や楽器の重ねがけや+効果がなく、サポの方が有効に歌を使えた時代。
 こんな詩人を体験できた同士達は今どれくらい残っているのだろうか。。。
 そんなうちの一番の失敗は、トラ狩り後、バラードを覚えようとして麻痺でロストしたことだ。
 誰も詩人やってなかったので、すぐに買い戻せたけどナー。

□千と宇宙キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!

□今の召喚はMPがあるのと、高位履行が意味があるからいい。
 昔の詩人は、楽器という唯一の優位点が全く意味がなかった。
 おまけに一曲しかかからなかったので、マド(レベル10)メヌ(23)バラ(25)があればよかった。
 とどめに、何の媒体も必要としない+超激高いヘイトで前衛が一番よく使えた。
 あの頃は通常攻撃なんぞ必要もなく、タゲ回しでTPためて連携が普通だったからね。

□PTで歌かけるとタゲがはりつくので、戦闘中は厳禁でした

□ネムリタケマラソンしまくった…。
 ミスリルマラソンも何度もやった。
 猫吟/シで普通に不意打ち、〆サイクロン撃ってた。
 鯖初で買ったフィナーレは7万だったっけ。
 おいらは未だにタロンギに篭って蜂とマンドラ狩るのが主な金策だったりする。
 結局、みんなみんな居なくなっちゃった…。


■恐怖の7月パッチのとき
 前衛8人後衛4人ぐらいで弱いのに「殴られて」TPためて
 ファストレタファストレタファストレタファストレタ・・・で最後のほうの連携ダメージすごいことになって
 それでとてとてやっと倒したりしてたなぁ・・・

 あと赤/戦は普通ってかサポ黒なんかいなかった
 挑発してタゲとってTPためてサイク〆とかファスト、レタで普通に連携してた


■「tpは?」
  90
  70「
  6ー
 TPは5単位でしかたまらなかったし
 TP報告は当然手打ち
 TP報告で噛んで何いってるのかわからんやつも良く居た

□tぽk mぽk wすちます!
 昔はこんなんだったなぁ
 あとほんの少しの期間だったか、メインで覚えたWSがサポでも使えた
 白LV1で乱撃とか
□あったな。黒でスモールソード持ってレタス撃てた


■7月パッチの時は黒いれて精霊だったな
 6月ぐらいの闇の王討伐に10人くらいで言ったのが最高に面白かったな
 不具合のようなトレインしながらつっきったなぁ・・・。
 王様は第一形態すら倒せなかったが・・

□闇王は55でギリギリだったけんのう。


■55キャップまでは物理WSの命中率がウンコだったのう。
 だから物理WSしか無い斧二種はウンコ武器扱いだった。特に両手斧なんか取り出したらキックされかねなかったな。
 んで60キャップになって武器のTPが見直されたけど、先行者は慣れてなくて
 やっぱみんな片手剣・格闘が多かったな。レイグラ使える戦士は希少だった。
 AFツアーでも乱撃撃ってる戦士ばっかだったなー。


■昔は狩人がマジでいなかったな。
 俺がサイドワインダーを始めて見たのは、60キャップでの
 戦/狩のサイドだった。あの頃の戦士は強かったなぁ・・・。

□あの頃からずっと強いじゃん
□いやいや、あの頃は今とは比べ物にならなかったよ。
 アグレッサーが神性能・サイドが狩人より当たる・ふいだまレイグラ・ランペの最強〆性能と。

■おいおまえら、炎の矢買ったぜwwwwwww
 撃ったらなくなったwwwwwwwwwwww
 巨人狩りまくって貯めたんだがな〜〜〜〜〜><

□矢なんて12個スタックだったしな
 おまけに炎の矢が1本6万くらいだっけ

□店売り矢も今より高かったし、弓も矢も種類がなかった。wsもなかった。
 ヤット追加されたと思ったら、自分のHPが減るという素敵性能。
 一撃必殺2hアビはバグで発動しない。スケイルが装備できるという設定だが、30以降スケイルがない。
 普通の狩人はサイクうってたな。
 あと、これは装備がなかったせいだと思うが
 今より矢が当たらなかったといわれてる。

■初めてサイド覚えた時、どんなWSか知らずに、
 いきなりぶっ放して、死んだな・・・。
 あのダメ見てPTメン、びっくりしてたが、俺もだ。


■赤ヒュム♀バス初日〜    {長文風味}
  Lv9  短剣からスパタに持ち替えて片手剣の虜に。
  Lv10位 トカゲの卵取りPtでスクワットを覚える。
  Lv12位 弓を探しにサンドへ。フルーレ発見し大興奮。
  Lv17位 地獄のセルビナを何とか脱出しジュノへ。まだゴーストタウンだった。
  Lv25位 攻撃をよくミスするようになってきた。
  Lv30位 念願の百人装備にフルーレゲットするも、「魔導師さんは下がっててくださいね^^;」と言われる事が多くなる。
  Lv36  レッドッキャップかぶったら羽がなかった。
  Lv42位 サイク〆しようにも短剣スキルが低くてできなかった。
      スキルあげたら修正きた。この頃にLvキャップあがる。
 効率を落とすジョブ。それが赤魔といわれた時代だった。なつかしいw

■昔
 「亀が大量にーー!!」
 「うおおおおおお」
 「なんだあれーwwww」

 今
 「あ、トレイン」
 「うお」
 「ハジっこで」  

■ウィンで赤で始めたものの、まだ競売も無くしょぼい短剣で戦ってた。
 少し経ってブロンズソードが販売開始したものの、それ以上のものがなかった。
 Lv13でマウラまで決死の覚悟で行きブラスサイフォスを買う。
 タロンギで黒樽がバインドハメで格上のダルメルをヌッコロしてるのを見て、
 このゲームに疑問を感じ始めるw(当然当時は赤はバインド使えなかった)

■昔クフィムでソロやってて
 WSぶっ放したらエレがすっ飛んできてシボン・・・
 MP持ちジョブはアビ使っただけでエレが反応したものだ

■昔は50経験もらえる敵は楽表示だったな

■ボギー狩りではモンクが何もできずに棒立ちだったのに哀愁を感じたw

□漏れは黒樽の一人だったが
 「挑発します!」
 といいながら座るモンクに哀愁を感じた

□これ思い出した↓
  EP64:放て! マッスルバインド

  589 名前:既にその名前は使われています
  昨日、バインドの弱体化を知らずにいつもの調子でキリンを狩ろうとしました。
  当然バインドはほとんど効かず詠唱は中断され死にかけに、
  そこに突然、「バインド!」(sayで)との声が
  見るとガル戦が走ってきて俺の相手のキリンの前で挑発&しゃがみ。

  ガル戦>>さあ、おれのバインドの効いてるうちに!

  お前それバインドじゃねーだろ!と返しつつ
  ナミダが出そうになりますタ。・゚・(ノД`)・゚・。

  ありがとうガル戦

■回復でケアルしてもスキル6までしか上がらない、ケアル2でも16までしか上がらない。
 それ以上上げたいなら骨への攻撃に使わなきゃ駄目。
 Windows版発売日にタル白で始めて、
 LSの先輩プレイヤーにこう教えられて
 必死で夜、骨探して走り回ったなあ…

 今は修正されたんだろうか、それともあれが嘘だったんだろうか。
 回復にしか使ってなくてもガンガン上がるなあ。

□修正された。以前は骨に攻撃しないと回復スキルはあがらなかった。
 回復スキルなんて飾りだったしな。

□ホントホント。たしかケアルIIIですら40くらいまでしか上がらなかったはず。
 03年2月あたりで今の仕様になった

□回復スキル自体は、今でも半分以上飾りだけどな・・・。
 ここだけが変わらない。


■古墳犬の病気で痛い目に遭いウィルナをあわてて買いにいったり、
 鎌骨やゲイザーと戦ってサイレスを切らさない戦いを覚えたり、
 またバタリアのトラで担当分けながら、素速いパラナを覚えたりしたものだけど、

 今限界2に来てる白はウィルナ持っていなかったりトラでパラナをしらなかったりしている。
 知らないこと出来ないことを責めるつもりは微塵もないんだけど、
 狩場が大きく変わったことよって多彩な戦い方を覚える機会が失われてやしないかな。

□昔は白2人PTはけっこうざらだったじゃん。
 「病気です」「ウィルナありません。。」「ぼくも。。」
 PT終わった後あわてて魔法屋にウィルナ買いに言ったら、
 さっきいっしょだった白とばったり出会って、おたがい赤面しながらウィルナ買ったりしなかったか?w


■思い出すなぁ…。
 サタデーナイトフィーバーだぜぃ!とか言って徹夜でバタリアのオークでレベル上げしたっけなぁ。
 そのとき、妙に朝日がきれいでね、おまけにバタリアも丁度朝焼けだったのよ。
 それでPT内で会話が弾んで心底あぁ、FFって楽しいなぁと思ったもんだ。




〜 エリア&モンスター 〜

     マテゴブー                ヘ( `Д)ノ ウオオオオオオオ!!!!!
ヘ(´・ω・)ノ      ≡   ≡   ≡   ≡ ( ┐ノ
 ( ┐ノ                  :。;  /    ダッシュ



  ヘ( `Д)ノ  ケアルスルカラァァァァァァ      マテゴブー                ヘ( `Д)ノ ウオオオオオオオ!!!!
 ≡ ( ┐ノ               ヘ(´・ω・)ノ      ≡   ≡   ≡   ≡ ( ┐ノ            
   /    トマレゴラァァ        ( ┐ノ                  :。;  /    ダッシュ                     



■三国テレポのアノ白い建物
 初めて見たとき、町だと思ってぐるぐる回って、入り口を探してた

■バタリアでレベル上げしつつ休憩中、ジュノから飛び立つ飛行船見て、
  「いつかはあれに乗ってやるんだ」
 なんていってたなぁ。

■峠のTaisaiがリフレシュをドロップしたぞ!
□また峠のTaisaiか!

■「敵倒すとクリスタル出るダンジョンあるけど、行ってみる?」
 当時はクリスタル1個が異常な高値で取引されてたっけ。

■ソロムグの石碑登り
 鈍くさいヤツがチョコボ振り落とされるまでやってたな
 タゲる、オートラン、主観視点、視点を上下だっけか?

■始めた頃はロンフォが滅茶苦茶広くて、暫くはサンド入り口付近をウロウロ。
 眼鏡探してくれとクエ受けたはいいがLV4くらいだったろうか。
 オークに見つからないように(´Д`;)ハァハァしながら塔の中へ駆け込み眼鏡ゲット。

 LVも10に届きそうになり、遠出しようと思い初めてのラテーヌへ。
 画面が切り替わった途端何かデカイモノが画面を覆う。ほんとにガクブルしたなぁ。

■初めてジュノに到着したときは感動したが、
 まさかそこが最終到着点だとは思わなかった。

■あの頃は自給2000でウマーだったしなぁ
□次のレベルまでに必要な経験値も少なかったからな…。
□Lv60以降(だっけか?)の経験値がこれまでどおりのペースで上がっていくだけならこんなに効率でモメたりはしなかったろうな。

■骨はケアルで釣ればリンクしないよw
 そういって縄張りの骨にケアル釣りをしてウェポンを運んできたあの内藤さんは今どうしているだろう

■/sh 犬を釣ります、トレインに注意してください
 /sh 【どっこい】トレイン発生全員退避【生きてる】

■やっぱダボイ混んでるね^^;
 30だとここしか狩場ないですもんね^^;

□ダボイもそうだけど
 バタリアとか古墳穴があるトコは大抵2PTいて、 あぶれたら山の上とかでやってたよな。
 今はホント墓場になってるが。

□ダボイ混んでるからズヴァでアーリマン狩りましょうか


■懐かしい狩場シリーズ
 まずはなんといってもダボイ。
 50キャップのチーフとの死闘、修道取り合い
 55キャップのダボイ南西広場での取り合い、「Zとられ;」名物は集落にいるチャンプに目つけられるアホが引き起こすトレイン
 広場から中央島方向にいったとこの段差の上にいるFKは弱いくせに経験地旨いので大人気だった
 55キャップのカンストといえばフェインのウェポン。
 ここは広場に様々なめんどくさいアクティヴモンスがいて
 釣り役は必死にウェポンのみを素早く釣り、リンクさせないで広場の間の通路まで持ってくることを要求された。
 ウェポンだけが2か3匹わく円形の部屋は超挑発合戦だった
 ホーリー釣りがそこでは大活躍

□あそこの通路はコウモリわくから、
 常にコウモリの押し付け合いだったなぁ。
 53くらいのPTだとコウモリにおなつよもいたから、チェーンの材料にしたりもしたな。

□俺フェインには行かなかったけど
 ダボイは懐かしくて泣いた・゚・(ノД`)・゚・

□確かに骨とオークの強化は納得いかなかったけど
 いまはプレイヤー側もそれなりに効率追求気味になっちゃってるから
 バタ防空壕やベヒ縄みたいな、隣のPT同士迷惑掛け合い助け合いな狩場は
 廃れていったんじゃないかな

□バタ防空壕は同意だが
 ベヒ縄が廃れたのは、ブラクラと旋風の所為だと思います。多分
 古墳骨も、もうやらねーよなぁ、、、、良くセラストうってたな。ナイトが

□バタのトラは、2PTなら普通にやれたような。
 2つのPTの前衛が右と左の手前隅っこ、後衛が対角線隅っこで麻痺なしじゃなかったっけ?
 3PTはムリ。


■LV50キャップの頃の要塞はマジおもろかったなぁ
 レイスとかボムとか通路に連れてきたヤシとかいると、もう阿鼻叫喚w
 死体がものすげー数転がってて、シャウトで罵倒の嵐だし、
 もうめちゃくちゃすぎて、なぜか腹かかえるほど笑ったw
 「これがこの世の終わりか・・・」とかみんなで切なげに語っちゃったりしてさ
 よく死んだし、常に緊張感あってビクビクしながら狩りしてたけど、その分飽きるってことはなかったなぁ
 あの頃、はじめてモンクで頼りにされて、嬉しかったし
 正直、漏れもインスニはないほうが良かったとずっと思ってるよ


■懐かしい狩場にベヒ縄の骨も入れておきたい
 ある意味「絆」だろ、あれ

□あの頃はヘイトリストとか滅茶苦茶で、隣の白がケアルガしたら
 そっちに骨が張り付いたりしたなー。

□前衛が骨狩ってる場所が、隣の後衛の間近で、ブラッドでどどーんと回復とかw
 てか、PTで狩ってるど真ん中に湧いたりしたし。

 毎日救援祭りしてたよなぁ。

□当時は30後半から「骨骨ファンタジー」と呼ばれるほど骨ばかりで
 30代半ばから古墳→縄張り→要塞地下→Lich、で50カンストまで骨だけでいけた。
 これがモ/シの乱撃、核熱MBホーリーとあいまって他狩場を寄せ付けなかったのはいうまでもない。
 とはいってもダボイもこんでたけど。

 骨ファンタジー第2ステージの縄張りの骨。
 ここは骨がよわくてうまいんだが
 骨が沸かないキャンプ地というのが存在せず
 3〜4PTが必死で骨と戦ってるそのど真ん中に骨様がご光臨なさることは日常茶飯事であった。
 当時は予想外の骨ポップにはすかさず救援で対抗していた。
 いったん救援がだされると20人は軽く集まり、まさに絆といえる団結力で骨を撃破、
 各々の狩りを再開するという変わった狩場であった。
 今では信じられないが、独占に近づけば近づくほど危なくて狩りにならないという変な場所であった。
 ここでよく見られたのは戦士のアース〆であった。まだ乱撃は覚えるか覚えないかぐらいのLV帯。

□ウェポン引っ掛けて、救援祭りもよくやってた気がする。
  要塞は行く直前にパッチ入って、巣で育っちゃったんだよなぁ。
 惜しいことした。
  今でもあの時代が染み付いてて、ソロムグのウェポンとか縄張りとか古墳とか、
 ついサポの時の狩場にしてたり。

  いちばん強烈に残ってるのは、パルブロの亀列車なわけだが。
 次点で砂丘のボギたんだな。

□あの幽霊、からまれたメンバーから挑発でタゲ取って骨幽霊広場に走っていって
 /ja 隠れる実行で安全な黄色ネームに戻せたんだよね。
 FFやっていた中で一番シーフが輝いていると感じられた瞬間だった(*´Д`)

□格子の向かいからディアかけて釣りました、、、、、、、、、、、
 か、かめが、かめgsなjんjfさfなおいgふぇあけあぇあlk

□フェインの地下ウェポン懐かしいなwわざわざそこまで行って狩りしてたからなぁ・・。
 要塞も懐かしいw誰かがレイスに絡まれたらそこにいる奴ら一斉に回線抜きしてたからなw
 縄張りも激重だったがあそこが一番面白かったw救援がひっきりなしに起こってたなぁ・・。
 しかも人多いから骨のブラッドセイバーであと一撃で倒せるってとこでもりもり回復しちゃったりしてね・・。
 オズトロヤの入り口でもレベリングPTで賑わってた時あったなぁ・・。
 時々高レベルのやつが超絶ヤグトレインを入り口まで持っていって阿鼻叫喚の地獄絵図になったり・・。


■今のブブリム見てると悲しすぎる。
 昔は誘われるかどきどきしながらタロンギを渡ったものだ。

□ブブリムが寂れててなんか悲しい。
 フルアラでボギー追っかけてたなぁ

■サレコウベ取りでグスゲン満員御礼

■おい!おまいらああああああ!
 コンシュタット高地でクソでかい羊にヌッコロされたんだけど、あれが噂のノートリアスモンスターですか?

□ストレイシープ(?)みたいな羊がコンシュにいたぞ。
 ひとまず遠目から眺めて、近寄らないようにこっそり帰ってきた。
 襲われなくてよかった。オマイラも注意汁

■南グスタにLeaping Lizzyっていうネームドいたよ!

■初期の頃、涸れ谷に居た黒ゴブがアイススパイク使ってた

■フィールドの獣人が装備落としてたよな

■忍装備フルセットが欲しくてモ/シ50/15でデルクフに10時間くらいこもってで30万ためたなぁ
 あのころのジャイアンは神だった
 ついでにDEX修正される前は白魔もサポシで両手棍不意打ちを骨にしてたな


■クロウラーの巣は今では人気定番狩場のひとつだが
 一時期、すべての蜂がアクティヴにされて入ったとたん地獄という時期があった
 もちろんいつサーチしても誰もいない

 懐かしい狩場といえば要塞地下の骨狩りだろう
 ここの名物は幽霊連れてくるバカ。
 確か2種類幽霊がいて、弱いほう(名前忘れた)はそのLv帯でなら救援使ってなんとか倒せたが
 レイス(確かWraith)はフルアラだろうが歯が立たないほどそのLvでは圧倒的な強さを誇り
 地下の南北広場をつなぐ通路(一番人気のあったキャンプ地)にいた4PT全滅、なんてのもよくみかけた光景だった。
 勘の良いやつは幽霊来襲を察知しその通路から広場の端っこに避難するんだが
 「もう帰ったかな」とかいって通路を見に行くPTメンのHPバーは大抵数分後にゼロになるのであった。

□初期の要塞地下が印象深い。
 エスケプもない頃、3PT程で骨の取り合いをし、焦った隣のPTの釣り師がレイス連れて来てみんなでアヴォンヌ。
 後はクロウラーの巣の球根が激ウマだったな。

□ あと要塞地下の弱いほうの幽霊の名前思い出した
 Bhuta、通称豚だ

■「鉄格子には近づくな!」「天国への亀階段(だっけ?)」
 とにかく鉱山がどうのこうの、ミスリルがどうのこうのあって
 そーゆーのに全く縁がないウィン人にとってはすごく”異国”ってかんじがして楽しみだった
 その後スモールソード取りに行って「なるほど、こういうことねwww」って地面に横たわりつつ大笑いしたよ


■50キャップ時代にLV30くらいだった俺とフレで、当時はまだ結構未開の地だったフォルガンディを目指し、
 ジュノで同志をシャウトで募集して、北の大地を目指した。
 集まったのはLv24〜Lv40くらいの冒険野郎達。

 迷いながらも峠を抜けて、北の地に立ったときの皆の叫びは忘れネぇ。
 野良アラだったけど、あの時の一体感は忘れないよ。

 トンネル抜けたら丁度吹雪いてて5m先は真っ白。みんなビビりまくってた。
 徘徊する敵は強すぎて、一歩一歩進むも、ついに吹雪と敵に押され、塔の中でドールと外に怯えながら、何時間も篭もり続けた...
 今となっては、そん時のメンバーのSSもデーターごと全部消えちまったガナ...


■48〜52の白・暗黒・ナイト3人で、ズヴァ石をとりに行ったときのこと。
 骨のあたりでスニークに反応して目玉が絡む。
 戦っている内に氷エレ、骨×2、ウェポンがADDして全滅しそうになりながらも、フルアビで辛勝。
 あのときは本当に冒険をしてると感じたな。めちゃくちゃ楽しかった。

■バス万年最下位はひどかったな
 パルブロ鉱山で壁に近づくとありえない数の亀がやってきて大惨事に
 あと砂丘のゴブトレイン&ゴブの硬直で調べに来たGMがトレインに巻き込まれて死亡とか
 ダボイのオークトレインのバトルダンスでGM死んだりそのころのGMは楽しかったな

■エリアチェンジするとみんな重なってたな。お陰でセルビナのゴブトレインがあった日にゃ、身動き取れなくなってた。
 雑談しながら朝まで待ったり、居合わせた人達で倒したりしてたなぁ。懐かしい(´・ω・`)

■PS2発売組なのだがサンド→ウィンに移動するのに船あるの知らなくて
 陸路でウィンいってたなぁ、シーフじゃたどり着けないだろうと思って戦士まで上げて
 途中通過したジュノには誰も居ないと思っていたら赤45才が居てすげぇと思っていた6月のあの日
 ようやく辿り着いたかと思って、人影に話し掛けたらヤグだったタロンギのあの日
 何もかもが新鮮だったのう、今は(´・ω・`)だけどさ

■初期の頃はモンスの追尾もきつかったね。どんなに離れても追ってきてた。

■マウラ、セルビナのゴブバグ。
 十匹くらいエリア切り替え近くにいてびびってた日々が懐かしい。
 たまに本物が混じってて襲われた時の恐怖ときたらもう・・・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・

□その前にセルビナ前のゴブトレインのフリーズした塊がいきなり動き出して
 攻撃されたりチョコボに乗ってても敵に攻撃されるの利用したチョコボMPKが出てきたり
 攻撃するのも食らうのもTP10たまって連携ヒャッホイだったり
 メインで覚えたWSを他のスキルあるジョブで低レベルの頃から使えたり
 例:モンク42まで上げて乱撃覚えたら戦士1で乱撃が使えてたり
 凄い設定だったなぁ、、

□ミミズ透明バグも忘れちゃいかんね('A`)
 あと最近もあったけど、ミミズが歩くバグとか。

□マウラ、セルビナから外に出るときはいつも警戒してたな。
 あとタロンギ>ブブリムの境界とか。こっちは今でもそうかも?

■サービス開始一ヶ月くらいのとき
 バスでセルビナに行こうツアーとかあったな、、
 フルアラ集まったけど砂丘入って洞窟あたりで全滅
 もちろんみんなサポ無し10くらい
 最高に楽しかったな.

■獣人が攻めてこねーからモンクが特攻しますが1番楽しかった〜
 フォルガンディで初めてドラゴンみてビビッテ
 ズヴァでこれまた初デーモン、こんなのいるのかあああああああああああって思ったもんだ。  
 LV上がるとこいつ等相手に戦うんだな!ってワクワクしたよ・・・
 現実はほぼ骨だったわけだが・・・

■ズヴァ特攻するときの実況スレ最高に面白かったなあ。
 見てる人、いまどうしてるだろうか。

■バスでキャラを作った俺は港区から北グスタにでた。
 途中で蜂を倒したりしながら結構な距離を歩いて南グスタにでる。
 南グスタを歩いていると何かの入り口を見つけ入ってみると町だった。
 うおー遂に新しい町に到着したぞーさすがに遠いなー
 今日はここまでにするかとログアウトした。

 同じ町の商業区だったことに気づいたのはあまり先のことじゃなかった・・・
 あの時はそれぞれの国でBGM違うなんて知らなかった・・・


■俺は初めてから3日位はツェールン鉱山でつよ相手に死にまくってた。
 4日目にやっと南グスタに丁度がいることを知ったよ。


■初めてサルタバルタにでたらウィンに帰れなくなった。
 ガルカからにげまわりヤグにからまれてアボーンしてやっとウィンにかえれた。
 あと宿屋を探してあるきまわった

□ウィンスタートだとほっとんどガルカを見かけなかった
 最初はなんかでかいのがキタ━━(((( ;゜Д゜)))━━ !!!!!って逃げたなー

□サンド周辺では本気でオークと勘違いして狩ろうとしてた人いたしな(;´Д`)

□俺もウインスタートのタルだったけど PCガルカ見たのは
 マウラに初めて行ったときに船から下りてきたのだったな
 エルだってブブリムOP裏で狩り誘われて初めて見たよ・・・

□ガルカとオークを見間違えは最初よくやったなぁ・・
 何度バザってもないのに「見つめる」をやったか・・・orz

□PS2だし、薄暗くて輪郭で判断して取り合いやってた修道ではガルが…。
 ガルモとかガル戦が大量に釣りに出てくるともう釣り難いことこの上ない。
 避けるべき敵を避けなかったり、どうでもいいガルカを避けたり。


■3国いずれかから出発って初期としてはよかった
 サンドでキャラ作ったんだけどサレが取れなくてさ、
 グスゲンへ行こう!ってことになって、どこのことかわからないけど「はい」
 PTについて走ってたらエリア移動して、
 バス出身の何人かが「コンシュ!」「帰ってきたー」って言ってるけど
 サンドから見たら砂丘のさらに向こうの未開の地で、
 「ポルターガイストは強いから気をつけてー」なんて言われても
 「あい」しか言えなくて、実は亀が怖くてテンパってたなんて当時は秘密だったよ


■レベル14になりどこでも行ける気になったサンドリア出身の俺はセルビナから船に乗り遠征へ。
 とうとう迷子になり不安に駆られながら町を探しさ迷った。
 そして鳥のような種族のプレイヤーを発見して安堵を洩らしながら道を聞こうと話しかけた。
 しかしそいつは物も言わずにいきなり襲って来てHPの残り少なかった俺に
 無情にもトドメを刺しサンドリアへの帰還を選択させた。

□ウィンから出発してサルタにでて、ハチだカブだワーイって戦ってて
 ちょっと遠出してみたらなんだかガッチャマンみたいなヤツがいて。
 うぉー!こいつは明らかに今までのやつと雰囲気違ぇ!って思ってたら絡まれますた。


■当時ウィンダス領にはまさにウィンダス国民しかいなくって、
 他国の人がたまにサーチに引っかかると、「おお」って感じだった。
 自分もフレに連れられてマウラから船に乗ってセルビナ、そして必死で隠れながらついに初バストゥークに辿り付いた時は感動したが、でも心細くてさw
 どこに何があるかさっぱり分からんし、一人ぼっちの気分。

 その後、バスから歩いて、地図もないけどリージョン情報だけを頼りにジュノまでめざして歩いて冒険した。
 「これを超えればもしかしてジュノ?!」と思われたロランで亀に殺されたけど、
 あの時のパシュハウの不気味さと異国の心細さは忘れんわぁ。
 その後、ジャグナー経由でセルビナからアラ組んで無事ジュノに行けましたとさ。
 半数たどり着ければ良い方って、普通だったよな。


■初めてジュノに行ったときは楽しかったな。
 ウィン出身で初めてセルビナに行った時、「ジュノにいきませんか?」のシャウト。
 便乗して6人でコンシュ>沼>ロランコースで行った。
 ウィン出身だったから全てが目新しく、コンシュのデカ羊とか振動でマジビビった。
 無事ジュノに着いた時はもう深夜だったけど最高に楽しかった。

□わかる。ベータの頃はMAPすら無いとこがあったんだよ。
 んでジュノも無かったから目的地は3国。
 ウィンだったらメリファト越えませんか〜ってシャウトがあってジタに抜けるとこだったのかなかな、
 道間違えててサボテンで通れず未実装なのかもって皆で全滅した。
 その後も沼がモルボルでてヤバイらしいとか情報がとても魅力的で
 実際はるばる他の国からやってきた人は軽い英雄だった。

 今でも3国間の徒歩ルートはMAP見ないで歩ける。



〜 クエスト 〜

■懐かしいクエストシリーズ −ナイトクエ −

 今でこそナイトクエなど誰でもインスニでできる楽勝クエだが
 当時は最難度を誇るとてもやっかいなクエであった。

 まずインスニなぞ無いので当然全部殲滅であり、
 また高Lv自体が存在すらしないのでLv30ちょいの奴等がフルアラで挑むわけだ。
 そして川にいる魚ですら苦戦する一行の目の前に現れる恐怖の吊橋。
 この吊橋の上をトルーパー級のオークが巡回してるのだが
 旨く吊橋の下をタイミング良く通過すれば見つからないものの、フルアラで誰一人見つからないわけもなく。
 一人が見つかったが最後、超迂回してアホみたいな数になって突進してくる、
 そのLVでは1匹ですら太刀打ちできない強力なオーク達。
 ここで多くのメンバーが脱落する。
 当時はリレイズも無いので、全滅したら帰るのみである。
 仲間の屍をのりこえ、いざ井戸に到着する一行を待ち受けるのは、これまた歯が立たないほど強いスライム。
 結局フルアラで出発して無事に帰還できる人数はゼロ、肝心のクエを終わらせることができるのでさえ数名という
 まさに最難関クエであった。

□スライムにやられる前に、必死で井戸タゲってから死んだ覚えが有る。
 で、みんな一度は死ぬ覚悟してるから、ジャグナーのOPでホームポイント設定してたな。

□初めてナイトクエ3行った時の緊張感は凄かったな、、、、、
 当時50キャップで、当然インスニなんてありゃしねぇ

 中央島のオークに絡まれた日にゃ死亡確定。ありゃやばかったな
 LV30の戦士が一発300くらい食らって目の前でアボンしたときゃチビるかと思ったよ
 同伴してくれた廃人さんにアレ倒せるのか?って聞いたら
 とてもじゃないが無理とかいってたなぁ、、、、、、倒したらなんかスゲーもんもらえるんかと思ってた

 そして今じゃ、ソロでやれますよ、、、っと(;´Д`)サミシイネェ

□ナイトクエ崩れのチャンプがダボイの入り口辺りにいて、
 みんなで必死に倒そうとしたことなかったか?
 Lv16で突撃しようとしたら、一撃食らわせる間もなく
 近づいた時点でバトルダンスの餌食になりました。



■初期の限界2・3もおもろかったね、魔晶石だっけ?
 あれのオズ突撃も楽しかった。

□突撃と言えばズヴァール突撃イベント。
 俺の中ではあれを超えるイベントは公式、ユーザー共にまだ無いよ。

 もう今じゃ当たり前のように全エリアにみんな行き渡ってるからあんなイベントは起きないんだろうね。
 起きたとしても新鮮味に欠けて前程の盛り上がりは見せないだろうし…(´・ω・`)これがMMOの末期というモノなのか。

□インスニなくなれば楽しめるとおもうぞw

□インスニは便利すぎてつまらなくした典型的な例だな。
 プロマシアエリアはインスニやマップが使えないエリアが多いといいな。

□インスニはもう無くてはならない魔法なっちゃったけど、
 無かったら無かったでそれは「ゲーム」として楽しかったなぁ。
 今やFFはゲームの域超えて、生活の一部になっちゃってる人が多いからそれが無いヴァナなんて考えられないんだろうけど(´・ω・`)

□今の限界なんてLSのレベル高い奴にお願いして付いて行ってるだけの奴多いからなぁ。
 そんなんでクリアしても思い出なんかないだろうね。
 限界2は75の2人くらいで余裕で倒せるし
 限界3も???が非常に簡単な場所に移ってしまったしね。
 たいていスキル上げや潜在外しPTいるから敵殲滅されてるしw

□魔晶石なつかしいな。
 オズなんてフルアラでいって、50のナイト様がぬっころされてビビってたなぁ。

□と言いつつも2月程前「限界2行くぞ。3アラ集まり次第行くぞ」シャウトしたら1時間半程で希望者が一杯になったよ。
 まだ、野良で生きている人間が多いのだと実感させられた。

 ― 3アラでボコスカ殴るのはホント楽しかった。
 こんなのをめんどくさいからとLSメンに手伝ってもらおうとしてる人は何でFFやってるのか本気で分からない(´・ω・`)

□激しく同意。
 俺の知り合いにも手伝ってもらって超えたというに「限界クエ?楽勝でしょ。あんなの面白くも何ともないじゃん。」とか言い出した奴が居る。
 楽しくしようとも思わん奴は何やったって楽しくないよな…。

□ミッションや限界はフルアラで行って返り討ちにあうこと良くあったなw
 ジュノで編成して、「俺らこれ以上くらいない最強編成じゃん!このメンバーならどんな敵でも勝てるぜ!」
 なんて意気揚々と出発するも、リンクやAddに予想外の強さの敵にパニくって崩壊っての多かったなぁ。

□それで死んでもゴクウ状態ですっげーわくわくしてきてたな・・・
 何がダメになった原因だろう ユーザーの問題なんだろうか

□なんつーか、独特の雰囲気あったな。
 たしかに全滅しても悔しさと共に、わくわく感はあったね。
 いつかもっとレベル高くなったら、ソロでこいつら倒してる!とか心に誓ったものさ。
 ハイプリやルビーあたりはその誓い果たせたが、倒した後なんか空しさ感じたなw

 あと野良で一緒に行った奴とも、妙な連帯感持てたな。限界やミッションでできたフレも多かった。
 共に苦境を乗り越えた戦友という感じだろうか。
 そういうフレが何か困っているときは、なんとしても助けに行くようにしている。

□最近はLSやフレの高LVに手伝ってもらって
 で終わりが多いよな

 今回の祭りの肝試しはそういうのに近いかも
 町で見かけたり、PTが同じになったら挨拶するきっかけになる
 ■eは意図して肝試しにしたのかなぁ

 最近新しい人と出会わなくなったよ。。。
 サポ取り、ジュノ目指して、キャップ、闇王とあるけど
 今はみんな簡単になりすぎた。。。

□闇王はもはやザコ扱いだからなー。
 当時、薬品を鞄一杯に入れ、内郭の敵を殲滅して進み、
 扉手前の広場で戦う方法を念入りにチェックし、突入前にSS撮ったりして楽しかったもんだ。

□別に今でも・・・
 高レベルの知り合いがいない漏れはミッション、すごい楽しいですよ?
 なかなかできないが・・・

□今じゃ闇王募集しても高レベルの移籍組がひょっこりやってきてほとんど1人でサクっと倒して
 感動を分かち合う暇もなくジュノに飛ばされて解散だもの


■昔はトレインとか阿鼻叫喚状態を キターとかいいながら楽しんでたよな
 死ぬかもしれないのになぜかその状況にワクワクしてる自分がいる
 台風来た時の小学生の気分っつーかそんな感じ
 今は高レベルのNEXT数値とロスト2400ってのがあるからか ギスギスしちゃったよなぁ
 縄張りは良かったよ
 戦闘中にど真ん中POPしても隣が助けてくれると信じて救援ださないで頑張ったり
 そして逆の立場ならMP回復ギリで取りに行ったりな


■レベルキャップが上がっただけで過去になったようなものもあるな。闇の王もそうだけど

 楽しかったのは限界3だよ、マジフルアラでみんなで行くんだけど、まーあれはほんと楽しかったね。
 敵マジで強くて死人とかボコスカでて。
 しかも ???取り損なうヤツが絶対1〜2人いて、2回戦とが必ずなるのな。
 アライアンス初めてだったり、大勢での行動ってあんまり無かったからかなり楽しめたよ。

 こないだ行ったら75のお手伝いさん5人と対象5人の10人で行って、対象は戦闘せず???のでるとこで待機。
 あっという間に終わってしまった。

□俺もそんな感じだった
 もうLSイベントでのミッションはクエスト関係は極力参加しないようにするよ

 デルクフとか惜しい事したよ・・・
 幸いミッション4は終わって無いから時期みてシャウトしてみるか
 もう、60だけどな・・・

□手伝い募集 じゃなくて 一緒に楽しむ人募集はどうだろう?
 集まらないかもしれないが
 LV50〜55の人で闇王〜とかLV制限つけてさ

□LSでのミッションとかクエとかは、たまに気の毒に思えることがあるな。
 高レベルのお手伝い連れてグスゲン行ってサレコウベ10分でゲットしたりなあ。

 オレの時サレコウベ無し6人でグスゲン籠もって1週間かけで全員分取ったけど、
 今思うと思い出は全部苦労したときのことばかりだよ。
 パピ・粘菌・AFのカギとかなー。
 手伝うのはカンタンだけど、ほんとにそれがいいのかちょっと疑問に思う今日この頃。

 思い出は全部苦労したときのことばかり


■粘菌取るのに毎日巣に6時間篭って3週間かかった

■サポジョブクエが受けれるのが18以降になるらしいよ
 まじ!?さっさと受けてこよう
 それよりさぁ、神戸が出ないよ・・・
 うん(汗)





〜 アイテム&合成 〜

■クジャクの護符戻ってきちゃった
 1万で再出品するか

■アーチャーリングは店売り安定

■リフレ85万で落とせたぁぁぁぁヽ(゚∀゚)ノ

■ブロンズインゴット、アローウッド材いつも売れ残り

■トカゲの皮3枚でジャーキン(゚д゚)ウマー
 これで俺は時給3万j稼いでるまじオススメ
 あとジュノでリボンかって各国競売に3倍の値段で出品も(゚д゚)ウマー

■スチールインゴット高すぎて鞄拡張出来ないよ;;

□鞄拡張最初きつかったよな〜
 10万とかかかったよ。

□スチールインゴ作れる奴は神だったw
 1万以上で取引されてたような。鞄クエ最初の試練。
 ペリドットはジュノ宝石店で買えたし。

□そうなんだよ… 金ためてて、買おうとした矢先に店から消えて
 大ショックだった。ああ。ペリドット。19000ぐらいだった。
 それからしばらく7万越えで買えなかった。


■南グスタのカニが甲羅落としてたな
 サービス開始後すぐにLS買えたのは、これのおかげ(0w0)
 

■黒魔だったからサンドリアグレープ喰ってたな…
 前衛はゆでたまご喰ってたしw
 効果修正されたのいつだっけ…

□あれ修正されちゃったのか?
 サンドリアグレープ好きだったのに
 PT前に野兎グリル焼いて配ってくれた白姫も居たっけ
 あんな高価な炎クリ使っちまうなんて、何考えてんだって思いながら
 効果も知らずに食ってたよ

□オレも黒ではじめたからサンドリアグレープ食べてたよ
 なつかしーー

 ダボイなつかしー、ダボイに白い人(ナ/シ)がたくさんいたのをおぼえてるよ

■砂丘のゴブが毛織物落とした。
 そのままセルビナのギルドに売って大儲けだと思ってた。
 その後カバンクエで(ry

■初期当時、合成なんてほとんどの奴がやってなくてさ
 バタリアのオークが落とす装備で店売りの防具買ったりしてたよな。
 釣りスキルが15くらいでストップするバグの中
 ひたすらバタリアで釣りしてミスリルソードゲットしてLSメンに渡したりしてたなぁ
 みんなコンクェ装備かドロップアイテム使ってたねぇ。。。

□バタリアのゴブが防具落としてたなぁ・・。
 確か50Gくらいしかなかったのにそれのお陰で2万くらいに膨れ上がったなぁ・・w
 そしてダンジョンのドロップ上げました。でフィールドのは消え去った・・

□バタリアは防空壕みたいなトコでたたかってたから、隣のPTの虎で麻痺。
 デジョンII クエがはるかに難しくて40万とかしてなかったっけ?
 インスニ無い時代


■万年バス1位でフルーレ買えなかった(ハンティングも似たようなモンだったな)
 当時、新米赤にとってフルーレは憧れだったな
 ハンティングなんて一時期10万とかいってたし

□さらにその前、バスが万年ビリで、俺はブラスハンマーが買えなかったわけだが。
 全鯖一斉コンシュ奪還プロジェクトとか、あったなぁ。


■ナイトソードがまだ出回ってなかった頃に上層武器屋で買ってしまった負け組は居るか…?
 ノ 俺だけかもしれない罠


■あのころは楽器に付加効果がなかったから
 メリーのホルンが1000Gでも売れなかった。
 まあ、結果的に、あのころ買い手がいなくてよかった訳だが。


■西サルタの芋虫も結構絹糸落としたんだよな。昔は。
 LV低くてギル無かった時分には随分お世話になった。
 「絹糸3本で900ギルも貰えるなんてうますぎだろwww」

 それと、トカゲの皮がスタック不可だったな。
 砂丘の西の方で、荷物が皮で一杯になるまでリンク狩りしたなぁ。

□そうそう んでトカゲ狩りに便利なのがアースやサイクロンだったんだよね

□最初はリザード装備すら揃えるのが大変だったなぁ。
 自分はサンドクエの修正前にトカゲ皮3枚で手に入れたので
 運が良かったけど、ある時競買前で
 「それってどうやって手に入れるんですか?」ってtellが来たよ。
 ちょうどその時コットン装備に買い替えたところだったから
 タダであげちゃったなぁ。


■記念すべき初の金稼ぎ締め付け修正・・・
 確かFF発売数日で当時3国周辺の雑魚カニが落としていたカニ甲羅のドロップを
 岩塩様のみに修正してくれた怨みは忘れません・・・(´∀`)

□あと3国周辺の魚が落とすシャル貝


■昔は砂丘、ジャグナクラスの獣人でもトレハンなしで3匹に1個くらい装備落とした
 それが1つ1000以上で売れた
 砂丘でゴブ狩りすると2時間後に装備品一杯になって帰ったもんだ

 パッチが来てフィールド獣人が装備ドロップなしに
 さらに次のパッチでダンジョン獣人の装備ドロップ激減

 今じゃトレハン2ありで10匹に1つくらい
 装備品の売値もことごとく下げられた

■初め競売の使い方しらずに、手数料だけ払って出品してた。
 3000のアイテムが手数料で落札w4ギルとかw

■ひたすらスコピオマスク合成、店売却やってたなぁ
 サソリ甲殻取り合い、売りますシャウトに超反応でtell
 確かサポ獣Lv1でムシュサソリ狩ってた

■今月一杯で解約しようと在庫処分中に、倉庫の片隅に眠ってるグラディウス。
 あの当時必死に金策してやりくりして
 サンドの武器屋で初めて高額商品を購入した思い出の品。
 あの時の相棒の「よかったな」の一言が
 今でも忘れられない・・・

■昔、MPないジョブだとMP+の装備しても増えなかったよね?
 種族装備実装辺りから、MPが付くようになって
 MP-表示がされたりしたような記憶がある。

■山串って・・・最初は効果時間が1時間だったからねぇ・・

□あーあったねぇ
 やけに腹減りが早くてメンバーに尋ねてみたけど
 「気のせいでしょ」とか言われたときのモヤモヤ感は未だに覚えてる

■ハードレザーリング
 スコピオマスク
 猛毒薬
 店売り黒三種の神器

□ジラ直前まで
 巣のシムルグ広場にでるとこの出口でサソリ狩りまくってた
 何故かドロップがサソリ甲殻2個固定で、よくしらんがそれを使う合成品が店売り黒とかで
 死ぬ程売れた、合成してるやつも儲かったんだろうが俺もカナリ儲かった
 懐かしいな・・・

□爪2個を猛毒にして2800、甲殻はマスクにして2000ちょいくらい
 これを1匹が固定で落として、15,6分で3匹
 フルでやって時給5万の場所だったからね〜
 今では時給5万で半永久的に稼げるものなんてあるかどうかだし
 当時の物価からしたら時給5万は破格だったんだよなあ・・・
 そうだなあ、今で言えば店売りで時給10〜万の素材狩りな感じ

□つかマスクで300万以上稼いで引退までその金で乗り切ったからなあ


■スタート1〜2ヶ月ぐらいだったのかなあ
 ウィンダスに1〜2人ぐらいしかいなかった白チュニック(たぶんクロークだな)を着たタル。
 彼がタル魔道士のおいらのあこがれだった。
 いまじゃ珍しくなくなって、どこでも見かけるけど
 当時じゃGMかなにかだと思っていたよ。

 あと、帽子屋クエの帽子をみんなかぶってたな
 ホントおかしいけどみんなかぶってたよw



〜 システム 〜

POLの起動音楽を文字で表すスレ


■魔の7/2パッチ
  とて相手に前衛の攻撃が95%ミス
  前衛はひたすらサポ戦で挑発してヒーリング
  黒がチマチマ削る
 という恐ろしい光景だった
 とて1匹倒すのに10分とかかかってたな

 しかしその反面、おなつよが弱く
 Lv25でもソロでおなつよ3連戦とか可能だったためみんながソロ狩りに熱中した
 モの百烈拳が化物アビになったのもこのパッチ(以前は使っても効果不明のアビだった)

□あの頃は2・3人でつよ〜を乱獲するのが主流だったかな。
 おかげで元々少なかった白がマジでいなくなった。

□諸悪の根源である無茶苦茶なヘイトシステム、レベル補正システムが導入されたのがその7/2だっけ
 あの日から■の中で何かが狂い始めた


■今の荒んだヴァナを作り上げた3大要因は
  ・ 経験地の数値化。
  ・ 「^^」等の建前主義。say、shout禁止のマナー主義。
  ・ インスニ等の出現による冒険心の低下
 ではないかと言ってみる。

□say、shoutも同じことひたすらやるスパムはアカンってのはあるけどねぃ
 普通の会話とか質問はsayやshoutできける雰囲気が無くなっていったのはちと残念かも
 初期は結構シャウトなかったっけ?

すみません リンクしました! エリア逃げします H-10です

 とか (これは違うか)
 インスニは絶対ない方が良かったと思う。
 もしくは効果を数秒でかけなおしに5分必要とかさ。

□インスニ無効で、今の俺らからみてあのころのチャンプぐらいの到底歯がたたない敵がやたらいる場所とか作ってくれんかな
 例えるなら一番弱い敵が豚神ぐらいの強さのダボイ
 あと敵の見た目重要。強い敵は欲しいけどそれが虫だったりコウモリだったりするとマジ萎える

 「あいつら最初の広場突破したらしいぜ」
 「まじで!?俺ら最初の2匹で全滅したのに」
 みたいな

□インスニは一時しのぎの魔法にするべきだったよなぁ
 効果時間10〜20秒くらいで
 今じゃ新エリア作ってもインスニのおかげで1日で踏破されてしまう
 踏破しにくくするために新エリアに行くための条件がきつくなり一般人が締め付けを食う
 (ジラート直後のエルシモ地方、トゥーリア、等)

□昔は「ランペールの墓って何処ですかーー!?」みたいのが東ロンフォで聞こえて、
 「俺もワカンネー!」みたいなそんな事が普通にあったけど今じゃそれは晒しモノだもんね。
 別にスパム程でなければシャウトで会話しても大して影響出ないのに…と思う。

 何故ダメなのか分からず、ただ大した影響も出ていないのに「ログの占有」と文句を付けてそれを禁止する風潮がどうしても好きになれない。
 別に見難くてもジュノで雑談が聞こえたらそれはそれでオンラインゲームの形として認められないものなのか(´・ω・`)

 なんか小学生の時、「給食の時間は喋るな!」って風潮があって、
 その時にほんの少し声を漏らしただけの子が周りから大ブーイングを受けた謎の思い出を思い出しちゃったよ。


■昔はメインレベルがみんな低かったから、
 「どうやってこんな奴倒すんだyp!」ってモンスターが沢山いた。
 いわゆる場違いにレベルが高いモンスター。ラム系とかボギーとか。
 そういうのにみつからないように移動したり、見つかって逃げ回ったり、
 倒したら何が貰えるのか想像したりするのが楽しかったかな。

 もう何もかも知り尽くした今の世界じゃ、そういう楽しみは味わえない罠。


■デスペナなんとかしてくれりゃ今でも冒険はできるかもなー
 まあどこいっても70超過の廃人どもがうろついててイヤソ

 レベル90くらいの敵がデフォのダンジョンでも追加してくれないかな。
 取得アイテムなし、超複雑、超高難度のダンジョンを。デスペナ0にして
 ただただ回避し、逃げ、それだけで攻略する楽しみ。
 75の廃装備ナイトでさえあっけなく殺されていく様を横目に目的に向かって突き進む。
 50で闇王のような「現状どうあがいても絶対に敵わない相手」との戦闘を味わいたいもんだ。

□そうそうコレよコレ、これが欲しいのよ。
 実際今実装されてる敵は全て倒せるし、
 空あたりに、50キャップ時代のオークチャンプにあたるくらいの敵をモリモリ置いておいて欲しかった。

□いるぞ絶望的な強さのモンスがまだ...
 デュナミスロード...


■昔も昔で問題テンコ盛りだったけどね。
 まあ、思い出は美しく見えるものだ・・・。

□懐古もいいんだが、お前等昔から文句しか言ってなかったぞ?
 FFをつまらなくしたもの
 ・したらば
 ・ネ実
 俺もその仲間入りw


■sayでしかしゃべれない空間とかほしいなー

 肝試し初期なんかはダンジョンにいくらしい、って言うことだけしかわかんなくて
 「こちらlv○○の職業○ですが一緒にいきませんかー」なんてsayがあって
 低レベルの人は発言すらしない有様だったが、
 数時間後には情報垂れ流しの香具師が何人かモグ周りに集まって解説してたりね。
 要は、何も知らない時期がおもろかったって事だろう。

 FF9の「あえて攻略本出さない」とかはどうなんだろうなあ?

□Say会話するやつが糞、となったのは
 ジュノが狭すぎるからだな
 明らかにもっとも人が集まる、集まるべくして集まったような世界の中心なんだから
 3国の3倍ぐらい広くして欲しかった
 てか、ウィンとジュノ入れ替えてみて欲しいよ、だいぶ圧迫感無くなるぜ
 ジュノがもっと広ければ
 シャウト連打はまぁ論外としてもSay会話は普通だったかもしれない・・・

□大きな町が4つもあるのに
  そのうち3つをスタート地点にしちゃったもんだから残り1つが第2のそして最終拠点になっちまってやんの。

 今の3国システムもメリットはいろいろあるだろうが
 DQみたいに
 Lv一桁:アリアハン
 Lv30まで:ロマリア
 LV50まで:イシス
 キャップ:ラダトーム(場所とLvは適当です)

 みたいに拠点を移り歩く感じが欲しかったなあ
 「俺もついにラダトームデビューか・・・」みたいな


■ジョブチェンジ画面のハイポリは素晴らしかった。
 今思えば・・・な。
 ヒュム♀黒髪ポニテエロ杉!


■全ては、きつすぎるペナルティが原因。
 全てじゃないけど、そう。

 LV60までのあいだ、冒険優先で死ぬのなんか怖くなかった。
 LVさがるのも、はっちゃけた代償なら別にどうでもよかった。
 そんなヴァナライフをつづけ、2年で最低限のサポとメインLV63。

 正直今は死にたくない。
 事故死で一回死ぬのはそんなにいやじゃない。
 でも、2,3回死ぬの覚悟でとっこうは、かなり躊躇する。

 経験地ロスト全LVにわたって500以下にしてほしいな。
 そのかわり、衰弱時間は今の3倍、HPとんでも衰弱でいいや。
 …レイズかけると、短くなる仕様でね。

 それなら、自分のやりかたしだいで、楽しく冒険できそうな気がする。

□確かに今や最高LVじゃないと裏も行けないしジラMもクリア出来ないのに
 デスペナきついのは謎だよな

□レイズ3のある今、デスペナはキツく感じないけどなぁ。
 逆にヌルくなった気がするのだけど。

□いやぁ・・・過保護な環境になれちまってますぜい。それは。
 はっちゃけるってのは、全滅上等な冒険ですよん。
 レイズIIIは白さんが生き残るか、外部救護班がいてこそですよん。

■サーチしてもPT組んでるかどうかわからなかったよな。
 誘うときはとりあえず
 「すみません、今お一人ですか?」
 とか聞いてなかった?




〜ファーストログイン〜

■初日〜3日目あたりはサーバーダウン頻発だっけ?
 ROで気がついたらオークに殴り殺されてた記憶が
 それでみんなどこもかしこも獣人支配になってなかったっけ?

 チョコボトレインすごかったよなぁ
 マップ切り替えはドキドキもの


■ゆびくわスレの住人だった人いる?

□ノ
 HDD到着を待ってるあの時が一番楽しかった。
□ノ
 俺、ISAOの勝ち組wwww

□ゆびくわ住人まだ生き残ってたか〜。嬉しいよ。
 次々と卒業していく奴らを見ながら、本当に歯痒い思いで到着待ってたなw

 効率追求せずにみんな好きなサポでやってた頃は本当に楽しかった。
 Sayで喋る事が咎められる様になってから急速に今の流れになって行ったな。

□到着の後のつながらねぇ祭りにはそのまま参加したかい?
 あのひたすら延々とPOLの音楽聴きながら
 エラーメッセージに一喜一憂。。。

□ああ、もちろん参加したよw
 っつっても、16日の夕方届いて10分位は繋いで遊べた。
 その後強制切断されて18日まで1回も繋がらなかったけどな〜。
 認証に関してはラッキーな方だったな、俺は。

□元ゆびくわスレ住人です
 4個くらいは自分で新スレ立てました
 なつかしいのでこんなの貼っておきます
 指くわえながらHDDの到着を待つスレ Part13


□  Welcome to odin
 始めてこのログを見た時の感動は今でも色褪せない。



TOPへ戻る